『福沢諭吉』の作品一覧

『福澤諭吉』より : 福澤 諭吉(ふくざわ ゆきち、新字体:福沢 諭吉、天保5年12月12日(1835年1月10日)- 明治34年(1901年)2月3日)は、日本の武士(中津藩士のち旗本)、蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者。慶應義塾の創設者であり、専修学校(後の専修大学)、商法講習所(後の一橋大学)、神戸商業講習所(後の神戸商業高校)、土筆ヶ岡養生園(後の北里研究所)、伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)の創設にも尽力した。新聞『時事新報』の創刊者。他に東京学士会院(現在の日本学士院)初代会長を務めた。そうした業績を元に明治六大教育家として列される。昭和59年(1984年)から日本銀行券一万円紙幣表面の肖像に採用されている。 諱は範(はん)。字は子囲(しい、旧字体:子圍)。揮毫の落款印は「明治卅弐年後之福翁」。雅号は、三十一谷人(さんじゅういっこくじん)。もともと苗字は「ふくさわ」と発音していたが、明治維新以後は「ふくざわ」と発音するようになった。 現代では「福沢諭吉」と表記されることが一般的である。なお「中村諭吉」と名乗っていた時期がある。 出生から中津帰藩、長崎遊学 天保5年12月12日(1835年1月10日)、摂津国大坂堂島浜(現・大阪府大阪市福島区福島1丁目、通称 ほたるまち)にあった豊前国中津藩(現・大分県中津市)の蔵屋敷で下級藩士・福澤百助と妻・於順の次男(末子)として生まれる。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
女大学評論女大学評論・新女大学2001(平成13)年1月10日
新女大学女大学評論・新女大学2001(平成13)年1月10日
旧藩情明治十年丁丑公論・瘠我慢の説1985(昭和60)年3月10日
学問の独立福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
経世の学、また講究すべし福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
物理学の要用福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
教育の目的福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
瘠我慢の説(02 瘠我慢の説)明治十年丁丑公論・瘠我慢の説1985(昭和60)年3月10日
明治三十一年三月十二日三田演説会に於ける演説福澤諭吉全集 第19卷1962(昭和37)年11月5日
中津留別の書福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
徳育如何福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
学者安心論福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
学問のすすめ日本の名著 33 福沢諭吉1984(昭和59)年7月20日
学校の説((一名、慶応義塾学校の説))福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
慶応義塾新議福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
慶応義塾の記福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
中元祝酒の記福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
家庭習慣の教えを論ず福沢諭吉家族論集1999(平成11)年6月16日
日本男子論福沢諭吉家族論集1999(平成11)年6月16日
京都学校の記福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
肉食之説福澤諭吉全集 第20卷1963(昭和38)年6月5日
養生の心得福澤諭吉全集 第20卷1963(昭和38)年6月5日
慶応義塾学生諸氏に告ぐ福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
成学即身実業の説、学生諸氏に告ぐ福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
教育の事福沢諭吉家族論集1999(平成11)年6月16日
政事と教育と分離すべし福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
人生の楽事福澤諭吉全集 第14卷1961(昭和36)年2月1日
読倫理教科書福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
小学教育の事福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日
文明教育論福沢諭吉教育論集1991(平成3)年3月18日