『正岡子規』の作品一覧

正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日(慶応3年9月17日) - 1902年(明治35年)9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。 俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面に亘り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治時代を代表する文学者の一人であった。死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていた。 伊予国温泉郡藤原新町(現愛媛県松山市花園町)に松山藩士正岡常尚と八重の間に長男として生まれた。母は、藩の儒者大原観山の長女。 1872年(明治5年)、幼くして父が没したために家督を相続し、大原家と叔父の加藤恒忠(拓川)の後見を受けた。外祖父・観山の私塾に通って漢書の素読を習い、翌年には末広小学校に入学し、後に勝山学校に転校。少年時代は漢詩や戯作、軍談、書画などに親しみ、友人と回覧雑誌を作り、試作会を開いた。また自由民権運動の影響を受け、政談にも関心を熱中したという。 1880年(明治13年)、旧制松山中学(現・松山東高)に入学。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
寒山落木 巻一子規全集 第一巻 俳句一1975(昭和50)年12月18日
墨汁一滴墨汁一滴1927(昭和2)年12月15日、1984(昭和59)年3月16日第15刷改版
九月十四日の朝日本の名随筆19 秋1984(昭和59)年5月25日
死後日本の名随筆8 死1983(昭和58)年3月25日
病牀瑣事日本の名随筆28 病1985(昭和60)年2月25日
歌よみに与ふる書歌よみに与ふる書1955(昭和30)年2月25日、1983(昭和58)年3月16日第8刷改版
人々に答ふ歌よみに与ふる書1955(昭和30)年2月25日、1983(昭和58)年3月16日第8刷改版
花枕花枕 他二篇1940(昭和15)年2月3日
読書弁日本の名随筆36 読1985(昭和60)年10月25日
日本の名随筆76 犬1989(平成元)年2月25日
万葉集を読む子規全集 第七卷 歌論 選歌1975(昭和50)年7月18日
万葉集巻十六子規全集 第七卷 歌論 選歌1975(昭和50)年7月18日
かけはしの記現代日本紀行文学全集 中部日本編1976(昭和51)年8月1日
高尾紀行現代日本紀行文学全集 東日本編1976(昭和51)年8月1日
鎌倉一見の記現代日本紀行文学全集 東日本編1976(昭和51)年8月1日
日本の名随筆55 葬1987(昭和62)年5月25日
夜寒十句日本の名随筆72 夜1988(昭和63)年10月25日
日本の名随筆35 虫1985(昭和60)年9月25日
小園の記花の名随筆9 九月の花1999(平成11)年8月10日
すゞし日本の名随筆37 風1985(昭和60)年11月25日
夏の夜の音日本の名随筆25 音1984(昭和59)年11月25日
ラムプの影日本の名随筆73 火1988(昭和63)年11月25日
再び歌よみに与ふる書日本の名随筆 別巻30 短歌1993(平成5)年8月25日
東西南北序子規全集 第七卷 歌論 選歌1975(昭和50)年7月18日
あきまろに答ふ歌よみに与ふる書1955(昭和30)年2月25日、1983(昭和58)年3月16日第8刷改版
歌よみに与ふる書子規全集 第七卷 歌論 選歌1975(昭和50)年7月18日
字余りの和歌俳句子規全集 第七卷 歌論 選歌1975(昭和50)年7月18日
病牀六尺病牀六尺1927(昭和2)年7月10日、1984(昭和59)年7月16日改版
闇汁図解ほとゝきす 第三卷第二號1899(明治32)年11月10日
ベースボールことばの探偵〈ちくま文学の森14〉1988(昭和63)年12月20日
曙覧の歌子規選集 第七巻 子規の短歌革新2002(平成14)年4月12日
俳人蕪村日本の文学 151967(昭和42)年6月5日
旅の旅の旅山の旅 明治・大正篇2003(平成15)年9月17日
飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
句合の月飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
九月十四日の朝飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
くだもの飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
ランプの影飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
熊手と提灯飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
徒歩旅行を読む飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
土達磨を毀つ辞飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
病牀苦語飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
車上の春光飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
明治卅三年十月十五日記事飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
四百年後の東京飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
従軍紀事飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
飯待つ間飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
病牀譫語飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
煩悶飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
初夢飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
わが幼時の美感飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
刺客蚊公之墓碑銘(柩に収めて東都の俳人に送る)飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
権助の恋飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
雲の日記飯待つ間1985(昭和60)年3月18日
日光の紅葉花の名随筆11 十一月の花1999(平成11)年10月10日