『矢田津世子』の作品一覧

矢田 津世子(やだ つせこ、本名矢田ツセ、1907年(明治40年)6月19日 - 1944年(昭和19年)3月14日)は、日本の小説家、随筆家。秋田県五城目町出身。はじめモダン派であったが純文学に転進し、1936年に小説『神楽坂』が第3回芥川賞候補に選ばれる。文章力と美貌を兼ね備えた女流作家として人気を集めた。坂口安吾の恋人とされる。大和生命初代社長の矢田不二郎は兄。 秋田県五城目町古川町(現在の同町下タ町)に生まれる。父鉄三郎は秋田市に居住していたが当時の五城目町長に請われて1898年に同町の助役に就任。本籍ごと一家をあげて五城目町に移っていた。母チヱは近所の娘たちに礼儀作法や裁縫を教えていた。 1914年に五城目小学校に入学するが、翌年には父が助役を辞めたため一家で秋田市に戻り、さらにその翌年には上京し飯田橋に移り住み、津世子は富士見小学校3年に転入した。小学校卒業後は、麹町高等女学校に進む。 当時東京には、第一高等学校を経て東京帝国大学に進学していた次兄の不二郎がおり、一家は不二郎とともに東京生活を送った。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
反逆日本プロレタリア文学集・23 婦人作家集(三)1987(昭和62)年11月30日
罠を跳び越える女日本プロレタリア文学集・23 婦人作家集(三)1987(昭和62)年11月30日
神楽坂神楽坂・茶粥の記 矢田津世子作品集2002(平成14)年4月10日
痀女抄録神楽坂・茶粥の記 矢田津世子作品集2002(平成14)年4月10日
鴻ノ巣女房神楽坂・茶粥の記 矢田津世子作品集2002(平成14)年4月10日
旅役者の妻より神楽坂・茶粥の記 矢田津世子作品集2002(平成14)年4月10日
神楽坂・茶粥の記 矢田津世子作品集2002(平成14)年4月10日
茶粥の記神楽坂・茶粥の記 矢田津世子作品集2002(平成14)年4月10日
凍雲神楽坂・茶粥の記 矢田津世子作品集2002(平成14)年4月10日
女心拾遺神楽坂・茶粥の記 矢田津世子作品集2002(平成14)年4月10日