『植松真人』の作品一覧

植松 真人(うえまつ まさと、本来は植松眞人と書く、1962年 - )は小説家、コピーライター、映画監督。 大阪写真専門学校(現・ビジュアルアーツ専門学校 大阪)放送映画学科卒業。卒業後は同校の講師として勤務しながら、映像作品を制作。としおかたかお、高林陽一両氏に師事。 その後、株式会社リクルートで広告制作の仕事に携わる。やがてコピーライターに専念するようになる。1990年広告・映像制作会社(有)イサナを設立。2005年会社のブランド名をオフィス★イサナとする。1996年TCC(東京コピーライターズクラブ)新人賞受賞。 現在、クリエイティブ・ディレクターとして広告制作に携わりながら、小説家として作品を発表している。 東京ビジュアルアーツ専門学校、ビジュアルアーツ専門学校 大阪で非常勤講師を勤める。 主な小説作品に『コーヒーメーカー』『神さんが降りてきた』『主よ、人の望みの喜びよ』など。 インターネットの図書館『青空文庫』でいくつかの作品が公開されている。 『suigyu水牛』(現代音楽作曲家の高橋悠治が主宰)の「水牛のように」に短編小説を毎月掲載 http://www.suigyu.com 『ウェブのほぼ女性誌どうする?over40』にエッセイ『50代、男のメガネは近視と乱視とお手元用』を毎週掲載 http://dosuru40.com 映像作品 ●背中に歌う(2013年) ●コーヒーと歌(2014年) ●夏の終わり、海辺(2016年完成予定) 以上三作品は短編連作として制作。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
コーヒーメーカー
神さんが降りてきた。
新世界交響曲
神楽坂奇譚
逢瀬までの。
雨のボレックス
アメリカ人になりたい。(続・神さんが降りてきた。)
マギーさんのオムレツ。(神さんが降りてきた。其の三。)
自動車の名前。
主よ、人の望みの喜びよ
高橋の話。