『吉野作造』の作品一覧

吉野 作造(よしの さくぞう 1878年(明治11年)1月29日 - 1933年(昭和8年)3月18日)は、大正年間を中心に活躍した日本の政治学者、思想家である。東京帝国大学で教壇に立ち、大正デモクラシーの立役者となった。初名は「作蔵」、1917年5月「作造」に改名。号は「古川学人」。弟は商工官僚・政治家の吉野信次。 生涯 1878年(明治11年)、宮城県志田郡大柿村96番地(現・大崎市古川十日町)に木綿織物の原料を扱う糸綿商吉野屋を営む父・年蔵、母・こうの長男として生まれた。当時の吉野屋には、祖母、両親、5歳と3歳になる二人の姉、そして父の姉夫婦が同居していた。作蔵(作造)は長男であったが、長子に跡目を継がせぬという宮城県北部の家督相続の風習により、家業を継がなかった。吉野家は1892年(明治25年)6月8日に長姉の婿養子・和平が相続している。 1884年(明治17年)3月、6歳で古川尋常小学校(現在の古川第一小学校)に入った。初めて読んだ漢文の書物は『皇朝史略』で、二人の姉から読み方を教わった。1886年(明治19年)7月、高等小学校一年生の時、古川講習会に参加したことがあった。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
蘇峰先生の「大正の青年と帝国の前途」を読む日本の名随筆 別巻96 大正1999(平成11)年2月25日