『范曄』の作品一覧

范 曄(はん よう、398年 - 445年)は、中国魏晋南北朝時代の南朝宋の政治家・文学者・歴史家にして『後漢書』の作者。字は蔚宗。先祖は南陽郡順陽県(現河南省淅川)の出身であり、会稽郡山陰県(現浙江省紹興)にて出生した。 范曄は士族の家に生まれた。祖先の范晷は西晋の雍州刺史、曾祖父の范汪は東晋の安北将軍・徐兗二州刺史・武興県侯、祖父の范寧は臨淮太守・豫章太守、父の范泰は宋の侍中・光禄大夫となり、死後は車騎将軍を追贈されている。范汪は「博覧強記にして、道理に通ず」とあり、『尚書大事』20巻・『範東陽方』105巻などを著している。范寧は『春秋穀梁伝集解』12巻を著し、范泰も『古今善言』24巻を著したという。范曄は兄の范昂、范暠、范晏と末弟の范広淵がいた。 范曄は名門の生まれであったが、妾の生んだ庶子であった。范曄の母が彼を便所の中で生んだ時に彼の額が磚に当たって傷ついてしまったため、「磚」が范曄の小字となった。若くして学問を好み、経史に広く通じ、文章に巧みで音律にも通じていた。420年、劉裕が東晋の禅譲を受けて宋を建国すると、范曄は劉裕の子、彭城王劉義康の冠軍参軍となり、尚書外兵郎・荊州別駕従事史・秘書丞・征南司馬領新蔡太守・司徒従事中郎・尚書吏部郎などを歴任した。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
後漢書倭伝魏志倭人伝1951(昭和26)年11月5日