『黒島伝治』の作品一覧

黒島 伝治(くろしま でんじ、1898年12月12日 - 1943年10月17日)は、日本の小説家である。 香川県の小豆郡苗羽村(現在の小豆島町)に生まれた。壺井栄は隣村(現在は合併で同じ町になっている)の出身である。上級学校への進学はかなわず実業補習学校を卒業して醤油工場に勤務、学資を貯めて上京し早稲田大学予科の選科生となる。このため徴兵猶予の対象とならず1919年には兵役の召集を受け姫路の連隊に在営、シベリア出兵に看護卒として従軍した。この体験が、彼の代表作である『渦巻ける烏の群』『橇』などの〈シベリアもの〉とよばれる日本文学史上稀有な戦争文学として結実することとなる。 兵役を終えた後に小説を書き始め、1925年に貧困のために合格した中学への進学を断念させる家庭の姿を描いた「電報」で世に知られるようになる。当時のプロレタリア文学はほとんどが労働者を題材にしていたなかで、農村を舞台にした黒島の作品は好感をもって迎えられた。この傾向の作品としては、差し押さえに抵抗する農民を描いた『豚群』が有名である。1930年には済南事件に取材した日本と中国との関係をえぐった長編『武装せる市街』を書き下ろしで刊行するが、即座に発禁となる。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
電報筑摩現代文学大系 38 小林多喜二 黒島伝治 徳永直集1978(昭和53)年12月20日
二銭銅貨筑摩現代文学大系 38 小林多喜二 黒島伝治 徳永直集1978(昭和53)年12月20日
豚群筑摩現代文学大系 38 小林多喜二 黒島伝治 徳永直集1978(昭和53)年12月20日
渦巻ける烏の群昭和文学全集 第32巻1989(平成元)年8月1日
「紋」黒島傳治全集 第一巻1970(昭和45)年4月30日
現代日本文學大系 56 葉山嘉樹・黒島傳治・平林たい子集1971(昭和46)年7月15日
武装せる市街筑摩現代文学大系 38 小林多喜二 黒島傳治 徳永直 集1978(昭和53)年12月20日
パルチザン・ウォルコフ現代日本文學大系 56 葉山嘉樹・黒島傳治・平林たい子集1971(昭和46)年7月15日
海賊と遍路黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
浮動する地価黒島傳治全集 第二巻1970(昭和45)年5月30日
前哨黒島傳治全集 第二巻1970(昭和45)年5月30日
反戦文学論黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
土鼠と落盤黒島傳治全集 第二巻1970(昭和45)年5月30日
チチハルまで日本プロレタリア文学集・20 「戦旗」「ナップ」作家集(七)1985(昭和60)年3月25日
名勝地帯日本プロレタリア文学集・20 「戦旗」「ナップ」作家集(七)1985(昭和60)年3月25日
防備隊日本プロレタリア文学集・20 「戦旗」「ナップ」作家集(七)1985(昭和60)年3月25日
砂糖泥棒黒島傳治全集 第一巻1970(昭和45)年4月30日
窃む女黒島傳治全集 第一巻1970(昭和45)年4月30日
まかないの棒黒島傳治全集 第一巻1970(昭和45)年4月30日
雪のシベリア黒島傳治全集 第一巻1970(昭和45)年4月30日
老夫婦黒島傳治全集 第一巻1970(昭和45)年4月30日
黒島傳治全集 第一巻1970(昭和45)年4月30日
氷河黒島傳治全集 第一巻1970(昭和45)年4月30日
愛読した本と作家から黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
田舎から東京を見る黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
外米と農民黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
鍬と鎌の五月黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
四季とその折々黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
小豆島黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
自画像黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
自伝黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
選挙漫談黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
戦争について黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
短命長命黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
入営する青年たちは何をなすべきか黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
入営前後黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
農民文学の問題黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
明治の戦争文学黒島傳治全集 第三巻1970(昭和45)年8月30日
国境日本文学全集441969(昭和44)年10月11日