『饗庭篁村』の作品一覧

饗庭篁村(あえば こうそん、安政2年8月15日 (旧暦) 8月15日(1855年9月25日)- 1922年6月20日)は、明治時代の小説家で演劇評論家。根岸派の重鎮。本名は饗庭與三郎。別号「竹の屋(舎)(たけのや)主人」とも称す。下谷龍泉寺町生まれにちなんで「龍泉居士」、その縁で「太阿居士」、南傳町2丁目に住んで「南傳二」とも。
ほぼ独学ではあるが和漢学に造詣が深く俳諧の道にも明るかった柳田泉は「俳諧の教養が基礎となっている」と評した(「明治文壇における俳諧精神」)。。作家としては「戯作者」世代と坪内逍遥、幸田露伴ら新時代の作家たちとの過渡期に位置づけられる。篁村はこの時期の代表的な作家のひとりと見られており、幸田露伴は、饗庭篁村と須藤南翠が明治20年前後の「二文星」、「当時の小説壇の二巨星」であったと記し幸田。、江見水蔭は「篁南両大関時代」としたという稲垣「作品解説」。。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
良夜新潟県文学全集 第1巻 明治編1995(平成7)年10月26日
隅田の春明治の文学 第13巻 饗庭篁村2003(平成15)年4月25日