『伊藤野枝』の作品一覧

伊藤 野枝(いとう のえ、1895年1月21日 - 1923年9月16日)は、日本の婦人解放運動家、無政府主義者、作家。戸籍名では、伊藤ノヱ。 雑誌『青鞜』で活躍。不倫を堂々と行い、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤を捨てて大杉栄の妻、愛人と四角関係を演じた。世評にわがまま、奔放と言われた反面、現代的自我の精神を50年以上先取りして、人工妊娠中絶(堕胎)、売買春(廃娼)、貞操など、今日でも問題となっている課題を題材とし、多くの評論、小説や翻訳を発表した。甘粕事件で殺害された。 成長期 福岡県糸島郡今宿村(現・福岡市西区今宿)に生まれた。7人兄妹の三番目で長女。父・亀吉は1866年生まれ、母ムメは1867年生まれ。かつて伊藤家は「萬屋」(よろずや)という海産物問屋だったが、野枝が生まれる頃には没落していた。父は中年以降、鬼瓦(おにがわら)を彫る瓦職人になったが放蕩者で気位が高くろくに仕事をしないため、母が塩田の日雇いや農家の手伝いなどをして暮しを立てた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
転機伊藤野枝全集 上1970(昭和45)年3月31日
ある男の堕落伊藤野枝全集 上1970(昭和45)年3月31日
出奔伊藤野枝全集 上1970(昭和45)年3月31日
わがまま伊藤野枝全集 上
成長が生んだ私の恋愛破綻日本の名随筆47 惑1986(昭和61)年9月25日
「別居」について日本の名随筆 別巻84 女心1998(平成10)年2月25日
科学の不思議定本 伊藤野枝全集 第四巻 翻訳2000(平成12)年12月15日
「婦人解放の悲劇」自序定本 伊藤野枝全集 第四巻 翻訳2000(平成12)年12月15日
恋愛と道徳定本 伊藤野枝全集 第四巻 翻訳2000(平成12)年12月15日
結婚と恋愛定本 伊藤野枝全集 第四巻 翻訳2000(平成12)年12月15日
少数と多数定本 伊藤野枝全集 第四巻 翻訳2000(平成12)年12月15日
婦人解放の悲劇定本 伊藤野枝全集 第四巻 翻訳2000(平成12)年12月15日
子供の保護定本 伊藤野枝全集 第四巻 翻訳2000(平成12)年12月15日
死んだ魂定本 伊藤野枝全集 第四巻 翻訳2000(平成12)年12月15日
ある女の裁判定本 伊藤野枝全集 第一巻 創作2000(平成12)年3月15日
遺書の一部より定本 伊藤野枝全集 第一巻 創作2000(平成12)年3月15日
乞食の名誉定本 伊藤野枝全集 第一巻 創作2000(平成12)年3月15日
日記より定本 伊藤野枝全集 第一巻 創作2000(平成12)年3月15日
白痴の母定本 伊藤野枝全集 第一巻 創作2000(平成12)年3月15日
東の渚定本 伊藤野枝全集 第一巻 創作2000(平成12)年3月15日
火つけ彦七定本 伊藤野枝全集 第一巻 創作2000(平成12)年3月15日
惑ひ定本 伊藤野枝全集 第一巻 創作2000(平成12)年3月15日
惑ひ定本 伊藤野枝全集 第一巻 創作2000(平成12)年3月15日
監獄挿話 面会人控所定本 伊藤野枝全集 第一巻 創作2000(平成12)年3月15日