『井上哲次郎』の作品一覧

井上 哲次郎(いのうえ てつじろう、1856年2月1日(安政2年12月25日) - 1944年(昭和19年)12月7日)は明治時代の日本の哲学者であり、欧米哲学を多く日本に紹介し、帝国大学で日本人で初めて、哲学の教授となった。また、新体詩運動の先駆者でもある。号は巽軒。通称「井の哲(イノテツ)」。筑前国生まれ。大東文化学院総長(第2代)などを歴任した。 旧姓・船越。 筑前太宰府に医師船越俊達の三男として生まれ、明治元年博多に出て英語を学び、1871年に長崎の英学塾広運館に入学。1875年、東京開成学校に入学。1877年、東京大学に入学、哲学及び政治学を専攻。明治1880年、卒業、文部省御用掛になり、「東洋哲学史」を編纂し始める。1882年東京大学助教授。同年外山正一、矢田部良吉と『新体詩抄』を刊行。1884年ドイツに留学(ハイデルベルク大学及びライプツィヒ大学)。1890年帰国、東京帝国大学文学部哲学科教授。1895年、東京学士会院会員に任命された(のち帝国学士院会員)。1898年東京帝大文科大学学長。1923年退官、東洋大学教授。1924年10月から1925年11月まで、初代の貴族院帝国学士院会員議員を務めた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
明治哲学界の回顧(01 序論)現代日本思想大系  24 哲学思想1965(昭和40)年9月20日
明治哲学界の回顧(04 結論――自分の立場)現代日本思想大系 24 哲学思想1965(昭和40)年9月20日