『南部修太郎』の作品一覧

南部 修太郎(なんぶ しゅうたろう、1892年(明治25年)10月12日 - 1936年(昭和11年)6月22日)は、日本の小説家。 土木技師である父常次郎の長男として宮城県仙台市で生れる。父の転勤につれて東京・神戸・熊本・博多・長崎と転住した。1905年(明治38年)の春、父の転勤とともに東京に上り、赤坂・麹町・四谷に住み移ったが、麻布区新龍土町十二に家を定め、芝中学校に通う。1912年(明治45年)、慶應義塾大学入学。文学科露文学を専攻。1917年(大正6年)3月、慶應を卒業。以後1920年(大正9年)まで『三田文学』編集主任をつとめ、文筆生活に入る。1921年(大正10年)、結婚し二人の子(長男淳一郎、次男亮二郎)の父となる。 芥川龍之介を師と仰ぎ、小島政二郎、滝井孝作、佐佐木茂索とともに「龍門の四天王」と呼ばれた。慶大で友人だった理財科の秋岡義愛が川端康成の従兄だったため、中学時代の川端と文通していた。 1936年(昭和11年)6月16日夜半、脳溢血のため邸前に倒れ、22日午前9時逝去、法名は、修文院釋樂邦。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
画家とセリセリス新進傑作小説全集14 南部修太郎集・石濱金作集1930(昭和5)年2月10日
ハルピンの一夜若き入獄者の手記1924(大正13)年3月5日
自分のこと新進傑作小説全集月報第七號(南部修太郎集・石濱金作集付録)1930(昭和5)年2月15日
霧の夜に若き入獄者の手記1924(大正13)年3月5日
猫又先生現代日本文學全集 85 大正小説集1957(昭和32)年12月20日
女盗若き入獄者の手記1924(大正13)年3月5日
S中尉の話新進作家叢書22 修道院の秋1918(大正7)年9月6日
病院の窓若き入獄者の手記1924(大正13)年3月5日
疑惑雑誌「太陽」1920(大正9)年4月号
文芸作品の映画化映畫時代五月號1927(昭和2)年5月1日
処女作の思い出過ぎゆく日1926(大正15)年7月20日
探偵小説の魅力新青年 第五巻第十號 探偵小説傑作集1924(大正13)年
修道院の秋新進作家叢書22 修道院の秋1918(大正7)年9月6日
日曜日から日曜日まで三田文学昭和11(1936)年1月1日
気質と文章日本現代文章講座 ―原理篇―1934(昭和9)年8月11日
死の接吻(スウェーデンの殺人鬼)文藝春秋 七月特別號1936(昭和11)年7月1日
一兵卒と銃新進傑作小説全集 第十四巻(南部修太郎・石濱金作集)1930(昭和5)年2月10日
寫眞報知1925(大正14)年4月25日
下手の横好き(―将棋いろいろ―)ホーム・ライフ1935(昭和10)年12月1日
現代作家に対する批判と要求(全人間的な体現を (その一、芥川竜之介氏))日本文学研究資料叢書 芥川龍之介Ⅱ1977(昭和52)年9月10日
阿片の味文藝市場1926(大正15)年6月1日
自分の変態心理的経験文藝市場1926(大正15)年3月1日
麻雀を語る改造1930(昭和5)年4月1日
三作家に就ての感想文章倶樂部1920(大正9)年3月1日
写真と思ひ出(――私の写真修行――)サンデー毎日1926(大正15)年6月27日