『片岡鉄兵』の作品一覧

片岡 鉄兵(かたおか てっぺい、1894年(明治27年)2月2日 - 1944年(昭和19年)12月25日)は、大正・昭和前期の小説家。「鉄平」と表記されることもある。 生涯 現在の岡山県苫田郡鏡野町に生まれる。 津山中学を卒業後、上京し、慶應義塾大学仏文科に進学したが、出席日数が不足したため中退、一時帰郷。様々な職を転々としながら小説を書き始め、各雑誌・出版社に投稿を行う。1921年『舌』などを書いて文壇に出る。山陽新報、大阪朝日新聞社、大阪時事新報の記者を務める。 1924年(大正13年)、横光利一や川端康成らと文学雑誌「文芸時代」を創刊し、創作活動のみならず評論活動や翻訳活動にも手を付けた。これにより、新感覚派の一員として本格的に文学活動に入る。当時の代表作には『綱の上の少女』『にがい話』『若き読者に問う』などがある。また『椅子の脚の曲線』という推理小説も執筆している。 また独自に1927年(昭和2年)文芸雑誌「手帖」も発刊。エクトール・マロの作品の翻訳『あゝ故郷(原題:En Famille)』で芸術的な翻訳を目指すなど、順調な文芸生活に見えた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
今度こそ日本プロレタリア文学集・20 「戦旗」「ナップ」作家集71985(昭和60)年3月25日
エリザベスとエセックス世界教養全集 271962(昭和37)年9月29日
菜の花月夜花の名随筆3 三月の花1999(平成11)年2月10日