『木下尚江』の作品一覧

木下 尚江(きのした なおえ、1869年10月12日(明治2年9月8日)- 1937年(昭和12年)11月5日)は、日本の社会運動家、作家。男性。尚江は本名。 生涯 信濃国松本城下(現長野県松本市)に松本藩士・木下廉左衛門秀勝の子として生まれる。長野県中学校松本支校を経て、1888年(明治21年)、東京専門学校を卒業する。オリバー・クロムウェルの影響を受け、法律を学ぶ。松本に戻り、しばらくは地元でローカル紙「信陽日報」の記者や社会運動家、弁護士などの活動をする。25歳で松本美以教会の中田久吉牧師より、キリスト教の洗礼を受ける。1899年(明治32年)に毎日新聞(旧横浜毎日新聞、現在の毎日新聞とは無関係)に入り、廃娼運動、足尾銅山鉱毒問題、普通選挙期成運動などで論陣を張る。 1901年(明治34年)には幸徳秋水、片山潜、堺利彦らの社会民主党の結成に参加する。日露戦争前夜には非戦論の論者として活躍。 1906年(明治39年)の母の死をきっかけに、社会主義から次第に離れるようになる。田中正造の死期に立ち会い、看護を行っている。後年は人間主義の著作活動を行う。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
火の柱筑摩現代文学大系 5 徳富蘆花・木下尚江・岩野泡鳴集1977(昭和52)年8月15日
鉱毒飛沫現代日本文學大系 9 徳冨蘆花・木下尚江集1971(昭和46)年10月5日
政治の破産者・田中正造現代日本文學大系 9 徳冨蘆花・木下尚江集1971(昭和46)年10月5日
佐野だより木下尚江著作集第1巻1972(昭和47)年2月10日
雪中の日光より木下尚江著作集第1巻1972(昭和47)年2月10日
臨終の田中正造近代日本思想大系 10 木下尚江集1975年7月20日
幸徳秋水と僕(――反逆児の悩みを語る――)近代日本思想大系10 木下尚江集1975(昭和50)年7月20日
自由の使徒・島田三郎近代日本思想大系10 木下尚江集1975(昭和50)年7月20日
大野人近代日本思想大系10 木下尚江集1975(昭和50)年7月20日
鉄窓の歌近代日本思想大系10 木下尚江集1975(昭和50)年7月20日