『木下利玄』の作品一覧

木下 利玄(きのした りげん、1886年(明治19年)1月1日 - 1925年(大正14年)2月15日)は日本の歌人、子爵。本名は利玄(としはる)。 略年譜 1886年(明治19年)岡山県賀陽郡足守村(現・岡山市北区足守)にて足守藩最後の藩主・木下利恭の弟・利永の二男として生まれる。 1891年(明治24年)5歳の時、利恭の死去により宗家・木下子爵家の養嗣子となり家督を継ぐため上京。 1892年(明治25年)学習院初等科に入学。武者小路実篤と同級になる。 1906年(明治39年)東京帝国大学文科に入学。東大在学中は佐佐木信綱に師事し短歌を学び、竹柏会門下の逸材と呼ばれる。 1910年(明治43年)には実篤や志賀直哉らと共に文芸雑誌「白樺」を創刊し、散文や短歌を発表。白樺派の代表的歌人の一人となる。 1911年(明治44年)横尾照子と結婚。東京帝国大学国文科を卒業。卒論は近松門左衛門。 1912年(大正元年)目白中学の国文講師に就任。同年長男が誕生するがすぐに死去。その後2男1女をもうけるが、末子(三男・利福)以外は夭逝している。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
山陰の風景(――歌になるところ――)現代日本紀行文学全集 西日本編1976(昭和51)年8月1日
山遊び定本 木下利玄全集 散文篇1977(昭和52)年9月10日