『桐生悠々』の作品一覧

桐生 悠々(きりゅう ゆうゆう、1873年5月20日 - 1941年9月10日)は、石川県出身のジャーナリスト、評論家。本名は政次(まさじ)。明治末から昭和初期にかけて反権力・反軍的な言論(広い意味でのファシズム批判)をくりひろげ、特に信濃毎日新聞主筆時代に書いた社説「関東防空大演習を嗤(わら)ふ」は、当時にあって日本の都市防空の脆弱性を正確に指摘したことで知られる。 生涯 金沢市にて、貧しい旧加賀藩士の三男として生まれる。旧制第四高等学校では小学校以来の同級生徳田秋声と親交を深め、1892年(明治25年)には小説家を志して共に退学・上京するなどもあったが失敗し帰郷、1895年(明治28年)にあらためて東京法科大学政治学科(現在の東大法学部)に入学、穂積八束、一木喜徳郎に学ぶ。 記者生活の開始 東京府の官吏、保険会社、出版社、下野新聞の主筆などを転々としたのち、1903年(明治36年)、大阪毎日新聞に学芸部員として入社するが満足な執筆の場を与えられず退社、1907年(明治40年)には大阪朝日新聞に転籍して、大朝通信部詰めという立場で東京朝日新聞社内で勤務、「べらんめえ」と題した匿名時事批評が評判となる。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
言いたい事と言わねばならない事と日本の名随筆 別巻76 常識1997(平成9)年6月25日
関東防空大演習を嗤う畜生道の地球1989(平成元)年10月10日
正義の国と人生畜生道の地球1989(平成元)年10月10日
科学的新聞記者畜生道の地球1989(平成元)年10月10日
煎じ詰めれば畜生道の地球1989(平成元)年10月10日