『斎藤秀三郎』の作品一覧

斎藤 秀三郎(さいとう ひでさぶろう、1866年2月16日(慶応2年1月2日) - 1929年(昭和4年)11月9日は、明治・大正期を代表する英語学者・教育者。宮城県仙台市出身。 1866年、仙台藩士斎藤永頼の長男として生まれる。 1871年(5歳) 辛未館(仙台藩の英学校)入学。 1874年(8歳) 宮城英語学校入学。米国人教師C.L.グールドに英語を学ぶ。 1879年(13歳) 宮城英語学校卒業、上京して東京大学予備門入学 1880年(14歳) 工部大学校(現在の東京大学工学部)入学。純粋化学、造船を専攻。後に夏目漱石の師となるスコットランド人教師ディクソン (James Main Dixon) に英語を学ぶ。後々までイディオムの研究を続けたのは彼の影響だったと後年述べている。また、図書館の英書は全て読み、大英百科事典は2度読んだ、という逸話が残っている。 1883年(17歳) 工部大学校退学。 1884年(18歳) 『スウヰントン式英語学新式直訳』(十字屋・日進堂)を翻訳出版。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
熟語本位英和中辞典(25 Y)英和中辭典 : 熟語本位1915(大正4)年7月20日