『福田英子』の作品一覧

福田 英子(ふくだ ひでこ、慶応元年10月5日(1865年11月22日) - 昭和2年(1927年)5月2日)は、江戸時代末期(幕末)から昭和初期にかけての社会運動家。婦人解放運動のさきがけとして知られ、「東洋のジャンヌ・ダルク」と称された。旧姓は景山。 岡山藩の下級武士景山確の娘として生まれる。教育熱心な家庭に育ち、幼少のころより利発で、15歳で小学校の助教員を任じられ、そののち、母兄とともに私塾を開いて子弟の教育を志す。 18歳の時、岸田俊子(中島湘烟)の演説に触発されて自由党に接近、朝鮮改革運動に参画して爆発物運搬などに協力して投獄される(大阪事件)。 大阪事件の前年明治17年(1884年)、蒸紅学舎の閉鎖事件によって、専制政府の弾圧を身をもって感じた英子は、一身をささげて戦おうと決意し、母にも真相を告げず故郷を出奔して大阪へ走った。親戚藤井方に身を寄せ、当時自由党のシンパサイザーとして有名であった大和の豪農土倉庄三郎を銀水楼に訪ねた。東都遊学の資金を援助してもらうためであった。その頃、自由党解党の大会が北野大融寺で開かれ、当時の有名な自由党の人士が続々と下阪してくることを英子はかねて知っていた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
母となる日本の名随筆42 母1986(昭和61)年4月25日
妾の半生涯妾の半生涯1958(昭和33)年4月25日