『白鳥庫吉』の作品一覧

白鳥 庫吉(しらとり くらきち、1865年3月1日(元治2年2月4日) - 1942年3月30日)は、日本の東洋史学者、文学博士。東京帝国大学(現・東京大学)教授。東洋文庫理事長。 来歴・人物 上総国長柄郡長谷村(現・千葉県茂原市)出身。父の名は嘉一郎、本名は倉吉。 邪馬台国北九州説の提唱者として有名。師に那珂通世、弟子に津田左右吉など。外交官、政治家の白鳥敏夫は甥。 千葉中学、一高、東京大学文科大学史学科(のち東京帝国大学、現・東京大学)卒業(1886年)。東大在学中はルートヴィヒ・リースに師事。 その後、学習院教授(1886年 - 1921年)、東京帝国大学文科大学史学科教授(1904年 - 1925年)を歴任。更に東宮御学問御用掛として東宮時代の昭和天皇の教育にも携わる(1914年 - 1920年)。 1900年、文学博士。1919年、帝国学士院会員。2度、渡欧して資料の蒐集と研究発表を行なった(1901年 - 1903年、1922年 - 1923年)。 日本や朝鮮に始まり、アジア全土の歴史、民俗、神話、伝説、言語、宗教、考古学など広範な分野の研究を行う。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
『尚書』の高等批評(特に堯舜禹に就いて)白鳥庫吉全集 第八卷 アジア史論 上1970(昭和45)年10月26日
倭女王卑弥呼考白鳥庫吉全集 第一卷 日本上代史研究 上1969(昭和44)年12月8日