『竹内勝太郎』の作品一覧

竹内 勝太郎(たけうち かつたろう、1894年10月20日 - 1935年6月25日)は日本の詩人。京都府京都市生まれ。 私立清和中学校を中退。フランスの象徴派詩人ステファヌ・マラルメに影響を受け象徴詩の世界へ。、1928年にはフランスに渡りポール・ヴァレリーに傾倒。その詩技法は「美を破壊する美」へと変化していく。1929年には帰国。1935年、黒部峡谷の黒部川に墜落し行方不明。40歳。 作品(詩集) 「光の献詞」(1924年、私家版) 「讃歌」(1924年、私家版) 「林のなか」(1925年、私家版) 「春の楽器」(1926年、私家版) 「室内」(1928年、創元社) 「明日」(1931年、アトリエ社) 「春の犠牲」(1941年、弘文堂書房) 「定本明日」(1948年、明窗書房) 「黒豹」(1953年、創元社) 作品(評論) 「現代仏蘭西の四つの顔」(1930年、アトリエ社) 「芸術民俗学研究」(1934年、立命館出版部) 「芸術論」(1934年、芸艸堂) 「詩論」(1943年、石書房) 「丘の上の対話」(1947年、圭文社) 「宗教論」(1948年、福村書店) 外部リンク 竹内 勝太郎:作家別作品リスト(青空文庫)。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
淡路人形座訪問(其の現状と由来)芸術民俗学研究1959(昭和34)年3月1日 
人形芝居に関するノオト日本の名随筆 別巻81 人形1997(平成9)年11月25日