『成島柳北』の作品一覧

成島 柳北 (なるしま りゅうほく、1837年3月22日(天保8年2月16日) - 1884年(明治17年)11月30日)は、江戸時代末期(幕末)の江戸幕府・将軍侍講、奥儒者、文学者、ジャーナリスト。明治時代以降はジャーナリストとしても活躍。また、姪孫に俳優の森繁久彌がいる事でも著名。 武蔵国浅草御廐河岸(現・東京都台東区蔵前2丁目)の松本家の3男として生まれた。幼名:甲子麿(こしまろ)→甲子太郎(こしたろう)→惟弘(これひろ)、弘。のちに代々奥儒者の家柄である成島家へと養子に出され、第7代目奥儒者・成島稼堂の養子となり、成島姓となる。。そして、養父の跡を継ぎ、第8代目奥儒者となり、成島柳北と名乗るようになる。安政元年1月、将軍侍講見習となり、安政3年11月に将軍侍講となる。 成島家は19世紀前半から『徳川実紀』、『続徳川実紀』、『後鑑』などの編纂を続けており、柳北も長じてこれに従った。徳川家定、家茂に侍講するが、献策が採用されないため狂歌で批判し、文久3年8月9日に侍講職を解職される。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
忙ノ説朝野新聞縮刷版91982(昭和57)年1月20日
好古小言雑誌叢書6 花月新誌 第二巻1984(昭和59)年11月21日
青塚ノ説花月新誌第一巻1984(昭和59)年11月21日
土用干ノ記雑誌叢書6 花月新誌 第一巻1984(昭和59)年11月21日
他山の石柳北全集1897(明治30)年7月9日
阿房山賦柳北全集1897(明治30)年7月9日
祭舌文柳北全集1897(明治30)年7月9日
祭活字子文朝野新聞縮刷版61981(昭和56)年10月20日