『新渡戸稲造』の作品一覧

新渡戸 稲造(にとべ いなぞう、1862年9月1日(文久2年8月8日) - 1933年(昭和8年)10月15日)は、日本の教育者・思想家。農業経済学・農学の研究も行っていた。 国際連盟事務次長も務め、著書 Bushido: The Soul of Japan(『武士道』)は、流麗な英文で書かれ、長年読み続けられている。日本銀行券のD五千円券の肖像としても知られる。東京女子大学初代学長。東京女子経済専門学校(東京文化短期大学・現:新渡戸文化短期大学)初代校長。 生涯 陸奥国岩手郡(現在の岩手県盛岡市)に、藩主南部利剛の用人を務めた盛岡藩新渡戸十次郎の三男として生まれる。幼名は稲之助。新渡戸家には西洋で作られたものが多くあり、この頃から稲之助は西洋への憧れを心に抱いたという。やがて作人館(現在の盛岡市立仁王小学校)に入り、その傍ら新渡戸家の掛かり付けの医者から英語を習う。祖父は江戸で豪商として材木業で成功し、再び盛岡藩に戻り新渡戸家の家計を大いに助けた。明治天皇の巡幸の際に、新渡戸家でご休息なさった陛下の御前に跪いた稲之助に、父祖伝来の生業を継ぎ農業に勤しむべしとの主旨の御言葉を賜り、以後農政を志すようになったという。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
自警録自警録――心のもちかた――1982(昭和57)年8月10日
教育の目的明治文學全集 88 明治宗教文學集(二)1975(昭和50)年7月30日
真の愛国心新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
武士道の山新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
平民道新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
我が教育の欠陥新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
教育の目的新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
今世風の教育新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
人格の養成新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
人格を認知せざる国民新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
国際聯盟とは如何なものか新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
女子教育に就て新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
東西相触れて新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
イエスキリストの友誼新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
デモクラシーの要素新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
教育家の教育新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
自由の真髄新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
民族優勢説の危険新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
ソクラテス新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
「死」の問題に対して新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日
教育の最大目的新渡戸稲造論集2007(平成19)年5月16日