『原口統三』の作品一覧

原口 統三(はらぐち とうぞう、1927年1月14日 - 1946年10月25日)は、日本の詩人である。
朝鮮半島の京城府(現在のソウル特別市 ソウル)生まれ。大連市 大連一中を経た後旧満州国の所々を転々として第一高等学校 (旧制) 一高文科に入学。この間の流転が彼の精神に深く影響を与えたようだ。一高入学後は上級生である清岡卓行(のちに作家となった)と親交を結び、フランスの詩人アルチュール・ランボー ランボーに傾倒する。寮内では眉目秀麗な秀才詩人として有名であったが、フランス会や文芸部の2, 3の友人を除き交友もほとんどなく孤独であったという。一高3年在学中の10月2日に自殺未遂、そして10月25日逗子海岸で入水自殺を遂げた。遺著『二十歳のエチュード』は、夭折した詩人の書として若年層男女の間で一定の人気に投じている。彼の自殺については唐木順三の『自殺について』(1950年)でも扱われている。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
二十歳のエチュード二十歳のエチュード1952(昭和27)年6月30日
初期詩篇二十歳のエチュード1952(昭和27)年6月30日