『柳川春葉』の作品一覧

柳川 春葉(やながわ しゅんよう、1877年(明治10年)3月5日 - 1918年(大正7年)1月9日)は、日本の小説家、劇作家。本名、専之(つらゆき)。 尾崎紅葉のもとに弟子入りし、その補筆を得た『白すみれ』で地位を確立。紅葉門下の四天王と呼ばれ、家庭小説を多く残した。代表作に『生さぬ仲』(なさぬなか)など。 1877年3月5日、東京府下谷区(現・東京都台東区)二長町三十六番地に生れた。父は至といい、龍野藩の江戸詰家老だったが、明治維新後は紙問屋を経営し、これに失敗して破産。牛込区(現・新宿区)に転居することとなる。母むつは、春葉が4歳のときに長女たかを生んで没した。母の代わりにその姪ふじが面倒を見ることになり、ふじは後に継母となったが春葉とは不仲であった。 赤城小学校時代、村山鳥径ら友人の影響で文学に興味を持つようになる。卒業後英語塾に通い、広津柳浪に弟子入りを望むが拒まれ、1893年(明治26年)、親の反対を押し切って尾崎紅葉を訪ね、その玄関番となる。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
怪物屋敷文豪怪談傑作選・特別篇 百物語怪談会2007(平成19)年7月10日
青銅鬼文豪怪談傑作選・特別篇 百物語怪談会2007(平成19)年7月10日
一つ枕文豪怪談傑作選・特別篇 百物語怪談会2007(平成19)年7月10日