『尾形亀之助』の作品一覧

尾形 亀之助(おがた かめのすけ、1900年12月12日 - 1942年12月2日)は、日本の詩人。宮城県柴田郡大河原町出身。東北学院普通部中退。 近代に活躍した詩人で、「歴程」の創刊同人。大河原町の繁昌院に墓がある。 石原純、原阿佐緒らの歌誌「玄土」に参加して短歌を発表しながら上京して画家を目指す。1923年に詩に転向し、『月曜』などいくつかの詩誌を主催。その『月曜』には宮沢賢治が童話『オツベルと象』『ざしき童子のはなし』『猫の事務所』を寄稿している。 素封家に生まれるも生涯にわたってほぼ定職を持たず実家からの仕送りで生活し、詩に没頭するという無頼の人生を送った。晩年は実家の没落により窮乏。貧困と病苦、妻との不和に悩まされ失意の日々を過ごした。1942年に孤独死。日頃から餓死自殺願望を口にしており、自殺であったという説もある。 詩集 『色ガラスの街』 『雨になる朝』 『障子のある家』 外部リンク 尾形 亀之助:作家別作品リスト(青空文庫)。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
色ガラスの街尾形亀之助詩集1975(昭和50)年6月10日
雨になる朝尾形亀之助詩集1975(昭和50)年6月10日初版第1刷
障子のある家尾形亀之介詩集1975(昭和50)年6月10日初版第1刷
私と詩尾形亀之助詩集1975(昭和50)年6月10日初版第1刷
部屋の中尾形亀之助詩集1975(昭和50)年6月10日
尾形亀之助詩集1975(昭和50)年6月10日
さびしい人生興奮尾形亀之助詩集1975(昭和50)年6月10日
身辺雑記尾形亀之助詩集1975(昭和50)年6月10日
机の前の裸は語る尾形亀之助詩集1975(昭和50)年6月10日
早春雑記尾形亀之助詩集1975(昭和50)年6月10日