『北一輝』の作品一覧

北 一輝(きた いっき、本名:北 輝次郎(きた てるじろう)、1883年(明治16年)4月3日 - 1937年(昭和12年)8月19日)は、戦前の日本の思想家、社会運動家、国家社会主義者。二・二六事件の「理論的指導者」として逮捕され、軍法会議の秘密裁判で死刑判決を受けて刑死した。 年譜 1883年(明治16年)4月3日、新潟県佐渡郡両津湊町(現:佐渡市両津湊)の酒造業・北慶太郎と妻リクの長男輝次(のち輝次郎に改名)として生まれる。父慶太郎は初代両津町長を務めた人物。2歳下の弟は衆議院議員の北昤吉。ほかに4歳上の姉と、4歳下の弟がいる。 1897年(明治30年)前年に創設されたばかりの旧制佐渡中学校(新制:佐渡高校)に1回生として入学。 1898年(明治31年)とび級試験を受け、3年生に進級する。 1899年(明治32年)眼病のため帝大病院に入院し、夏頃まで東京に滞在。 1900年(明治33年)眼病による学業不振のため5年生への進級に失敗する。また、父の家業が傾いたことも重なり、退学。 1901年(明治34年)新潟の眼科院に7ヶ月間入院する。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
子に与ふ日本の名随筆 別巻17 遺言1992(平成4)年7月25日
日本改造法案大綱北一輝著作集 Ⅱ1959(昭和34)年7月10日