『南方熊楠』の作品一覧

南方 熊楠(みなかた くまぐす、1867年5月18日(慶応3年4月15日) - 1941年(昭和16年)12月29日)は、日本の博物学者、生物学者(特に菌類学)、民俗学者。 菌類学者としては粘菌の研究で知られている。主著『十二支考』『南方随筆』など。投稿論文や書簡が主な執筆対象であったため、平凡社編集による全集が刊行された。18言語を解し、「歩く百科事典」と呼ばれ、熊楠の言動や性格が奇抜で人並み外れたものであるため、後世に数々の逸話を残している。 南方熊楠は和歌山県に生まれ、東京での学生生活の後に渡米、さらにイギリスに渡って大英博物館にはいる。多くの論文を著し、大学者として名を知られたが、生涯を在野で過ごした。 熊楠の学問大系は博物学、特に植物学を基礎とするが、その学風は、ひとつの分野に関連性のある全ての学問を知ろうとする膨大なものであり、土蔵や那智山中にこもっていそしんだ研究からは、曼荼羅にもなぞらえられる知識の網が生まれた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
神社合祀に関する意見南方熊楠コレクション第五巻 森の思想1992(平成4)年3月10日
十二支考(01 虎に関する史話と伝説民俗)十二支考(上)1994(平成6)年1月17日
十二支考(02 兎に関する民俗と伝説)十二支考(上)1994(平成6)年1月17日
十二支考(03 田原藤太竜宮入りの話)十二支考(上)1994(平成6)年1月17日
易の占いして金取り出したること日本の名随筆82 占1989(平成元)年8月25日
十二支考(04 蛇に関する民俗と伝説)十二支考(上)1994(平成6)年1月17日
十二支考(05 馬に関する民俗と伝説)十二支考(上)1994(平成6)年1月17日
十二支考(06 羊に関する民俗と伝説)十二支考(下)1994(平成6)年1月17日
十二支考(07 猴に関する伝説)十二支考(下)1994(平成6)年1月17日
十二支考(08 鶏に関する伝説)十二支考(下)1994(平成6)年1月17日
十二支考(09 犬に関する伝説)十二支考(下)1994(平成6)年1月17日
十二支考(10 猪に関する民俗と伝説)十二支考(下)1994(平成6)年1月17日
きのふけふの草花日本の名随筆 別巻14 園芸1992(平成4)年4月25日
十二支考(11 鼠に関する民俗と信念)十二支考(下)1994(平成6)年1月17日
棄老伝説に就て土俗と傳説1918(大正7)年8月
人柱の話續南方隨筆 覆刻1992(平成4)年7月20日
失うた帳面を記憶力で書き復した人日本の名随筆 別巻44 記憶1994(平成6)年10月25日