『鈴木梅太郎』の作品一覧

鈴木 梅太郎(すずき うめたろう、1874年4月7日 - 1943年9月20日)は、戦前の日本の農芸化学者。米糠を脚気の予防に使えることを発見した事で有名。勲等は勲一等瑞宝章。東京帝国大学名誉教授、理化学研究所設立者。帝国学士院会員。文化勲章受章者。 静岡県榛原郡堀野新田村(現・牧之原市堀野新田)にて、農業・鈴木庄蔵の次男として生まれる。 帝国大学農科大学(現東京大学農学部)農芸化学科を卒業する。東京帝国大学教授を務めるとともに理化学研究所の設立者として名を連ねる。東京帝国大学を退官後は東京農業大学農芸化学科教授に就任している。 1874年 - 榛原郡堀野新田村にて生まれる。 1880年 - 地頭方学校(現 牧之原市立地頭方小学校)入学。 1886年 - 地頭方学校卒業。 1887年 - 東遠義塾が開講し、入塾。 1888年5月15日 - 単身徒歩にて上京する。 東京神田の日本英学館に入る。のち東京農林学校予備校に入学。 1889年 - 東京農林学校入学。 翌年、東京農林学校は帝国大学農科大学と改称された。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
ヴィタミン研究の回顧研究の回顧1943(昭和18)年2月25日