『野上豊一郎』の作品一覧

野上豊一郎(のがみ とよいちろう、1883年9月14日 - 1950年2月23日)は、日本の英文学者である。臼川(きゅうせん)とも号する。法政大学総長もつとめた。能研究の発展にも多大な寄与をした。
大分県臼杵市出身。大分県立臼杵高等学校 臼杵中学、第一高等学校 (旧制) 第一高等学校を経て1908年に東京大学 東京帝国大学文学部英文科を卒業。同級生に安倍能成・岩波茂雄がいて、共に夏目漱石に師事した。
帝大卒業の翌1909年に法政大学講師 (教育) 講師となり、1920年に文学部教授となる。大学予科 予科長・学監・理事を歴任し、森田草平・内田百間・井本健作など漱石門下の文学者を教授陣に招聘するが、1933年に学内紛争で辞職(翌年復職)。終戦直後の1946年に法政大学総長に選ばれ、戦争で被害を受けた大学の復興にあたった。総長在任中の1950年に死去。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
北信早春譜現代日本紀行文学全集 中部日本編1976(昭和51)年8月1日
湖水めぐり現代日本紀行文学全集 東日本編1976(昭和51)年8月1日
ヴェルダン世界紀行文学全集 第二巻 フランス編Ⅱ1959(昭和34)年2月20日
エトナ世界紀行文学全集 第六巻 イタリア、スイス編1959(昭和34)年10月20日
シェイクスピアの郷里世界紀行文学全集 第三巻 イギリス編1959(昭和34)年7月20日
処女の木とアブ・サルガ世界紀行文学全集 第十六巻 ギリシア、エジプト、アフリカ編1959(昭和34)年6月20日
西洋見学「はしがき」西洋見學1941(昭和16)年9月10日
闘牛世界紀行文学全集 第四巻 イギリス、スペイン、ポルトガル編1959(昭和34)年11月20日
七重文化の都市世界紀行文学全集 第十六巻 ギリシア、エジプト、アフリカ編1959(昭和34)年6月20日
パラティーノ世界紀行文学全集 第六巻 イタリア、スイス編1959(昭和34)年10月20日
パリの地下牢世界紀行文学全集 第二巻 フランス編Ⅱ1959(昭和34)年2月20日
パルテノン世界紀行文学全集 第十六巻 ギリシア、エジプト、アフリカ編1959(昭和34)年6月20日
吹雪のユンクフラウ世界紀行文学全集 第六巻 イタリア、スイス編1959(昭和34)年10月20日
レンブラントの国世界紀行文学全集 第八巻 ドイツ、オーストリア、オランダ、ベルギー編1960(昭和35)年7月20日
演出日本の名随筆87 能1990(平成2)年1月25日
桂離宮草衣集1938(昭和13)年6月13日
奈良二題草衣集1938(昭和13)年6月13日
「草衣集」はしがき草衣集1938(昭和13)年6月13日
「漱石のオセロ」はしがき漱石のオセロ1930(昭和5)年5月10日
大戦脱出記西洋見學1941(昭和16)年9月10日
ウォリクの城西洋見學1941(昭和16)年9月10日
キフホイザー西洋見學1941(昭和16)年9月10日
聖ロヨラ西洋見學1941(昭和16)年9月10日