『三遊亭円朝』の作品一覧

『三遊亭圓朝』より : 三遊亭 圓朝(さんゆうてい えんちょう)は、江戸・東京の落語・三遊派の大名跡。円朝とも表記。 初代三遊亭 圓朝は、三遊派の総帥、宗家。三遊派のみならず落語中興の祖として有名。敬意を込めて「大圓朝」という人もいる。二葉亭四迷が『浮雲』を書く際に圓朝の落語口演筆記を参考にしたとされ、明治の言文一致運動にも大きな影響を及ぼした、現代の日本語の祖でもある。本項目で詳述。 二代目三遊亭 圓朝になることになっていたのは、初代 三遊亭圓右。「名人圓右」の呼び声も高く、明治期から大正期に活躍した。圓朝の二代目を襲名することが決定したものの、一度も披露目をせずに病のため亡くなった。そのため「幻の二代目」とも称される。→三遊亭圓右の項目を参照のこと。 初代 初代三遊亭 圓朝(さんゆうてい えんちょう)、(天保10年4月1日(1839年5月13日) - 明治33年(1900年)8月11日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代に活躍した落語家。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
文七元結圓朝全集 巻の一1963(昭和38)年6月10日
根岸お行の松 因果塚の由来圓朝全集 巻の四1963(昭和38)年9月10日
真景累ヶ淵圓朝全集 巻の一1963(昭和38)年6月10日
業平文治漂流奇談圓朝全集 巻の四1963(昭和38)年9月10日
政談月の鏡圓朝全集 巻の一1963(昭和38)年6月10日
闇夜の梅圓朝全集 巻の一1963(昭和38)年6月10日
菊模様皿山奇談圓朝全集 巻の九1964(昭和39)年2月10日
名人長二圓朝全集 巻の九1964(昭和39)年2月10日
西洋人情話 英国孝子ジョージスミス之伝圓朝全集 巻の九1964(昭和39)年2月10日
怪談牡丹灯籠(04 怪談牡丹灯籠)圓朝全集 巻の二1963(昭和38)年7月10日
敵討札所の霊験圓朝全集 巻の二1963(昭和38)年7月10日
松と藤芸妓の替紋圓朝全集 巻の二1963(昭和38)年7月10日
霧陰伊香保湯煙圓朝全集 巻の三1963(昭和38)年8月10日
梅若七兵衞圓朝全集 巻の三1963(昭和38)年8月10日
松の操美人の生埋(02 侠骨今に馨く賊胆猶お腥し)圓朝全集 巻の五1963(昭和38)年8月10日
後の業平文治圓朝全集 巻の四1963(昭和38)年9月10日
塩原多助一代記圓朝全集 巻の十二1963(昭和38)年8月10日
塩原多助旅日記明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
(洋)金の勘定を仕ずに来た明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
(和)茗荷明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
鰍沢雪の夜噺(小室山の御封、玉子酒、熊の膏薬)明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
華族のお医者明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
狂言の買冠明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
牛車明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
黄金餅明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
詩好の王様と棒縛の旅人明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
士族の商法明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
七福神詣明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
吝嗇家明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
心眼明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
西洋の丁稚明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
世辞屋明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
大仏餅。袴着の祝。新まへの盲目乞食明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
日本の小僧明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
にゆう明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
年始まはり明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
昔の大名の心意気明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
明治の地獄明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
八百屋明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
行倒の商売明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
落語の濫觴明治の文学 第3巻 三遊亭円朝2001(平成13)年8月25日
粟田口霑笛竹(澤紫ゆかりの咲分)(02 粟田口霑笛竹(澤紫ゆかりの咲分))圓朝全集 巻の三1963(昭和38)年8月10日