『夏目漱石全集7』の作品一覧

夏目漱石全集(7)

夏目漱石全集(7)

発売日:1988年04月
出版社:筑摩書房
図書館から検索
「詩人らしい純粋な気質」の学者長野一郎は平凡な結婚生活を送りながら、妻お直を信じきれない。弟二郎に対するお直の愛情さえ疑いはじめ、一郎はやがて深刻な人間不信に陥る。「死ぬか、気が違うか、宗教に入るか…」近代知識人の孤独と苦悩を描く『行人』。明治43年に倒れたいわゆる「修善寺の大患」当時の心境を綴る『思い出す事など』、満州・韓国の訪問記『満韓ところどころ』を同時収載。
作品著者初版発行日
行人夏目 漱石1988(昭和63)年4月26日
満韓ところどころ夏目 漱石1988(昭和63)年4月26日
思い出す事など夏目 漱石1988(昭和63)年4月26日