興津弥五右衛門の遺書

 それがし儀明日年来の宿望しゅくもう相達しそろて、妙解院殿みょうげいんでん(松向寺殿)御墓前において首尾しゅびよく切腹いたしそろことと相成り候。しかれば子孫のため事の顛末てんまつ書き残しおきたく、京都なる弟又次郎宅において筆を取り候。
 それがし祖父そふ興津右兵衛景通おきつうひょうえかげみちもうしそろ永正えいしょう十一(十七)年駿河国するがのくに興津おきつに生れ、今川治部大輔いまがわじぶたいふ殿に仕え、同国清見きよみせきに住居いたし候。永禄えいろく三年五月二十日今川殿陣亡じんぼう遊ばされそろ時、景通かげみち御供おともいたし候。年齢四十一歳に候。法名ほうみょう千山宗及居士せんざんそうきゅうこじと申候。
 父才八さいはちは永禄元年出生そろて、三歳にしてちちを失い、母の手に養育いたされ候て人と成り候。壮年に及びて弥五右衛門景一やごえもんかげかず名告なのり、母の族なる播磨国はりまのくにの人佐野官十郎さのかんじゅうろう方に寄居いたしおり候。さてその縁故をもって赤松左兵衛督あかまつさひょうえのかみ殿に仕え、天正てんしょう九年千石を給わり候。十三年四月赤松殿阿波国あわのくにあわせ領せられ候に及びて、景一かげかずは三百石を加増せられ、阿波郡代あわぐんだいとなり、同国渭津いのつに住居いたし、慶長けいちょうの初まで勤続いたしそろ。慶長五年七月赤松殿石田三成いしだかずしげ荷担かたんいたされ、丹波国たんばのくになる小野木縫殿介おのぎぬいのすけとともに丹後国たんごのくに田辺城たなべのしろを攻められ候。当時田辺城には松向寺しょうこうじ殿三斎忠興公さんさいただおきこう御立籠おんたてこもり遊ばされおりそろところ、神君上杉景勝うえすぎかげかつを討たせ給うにより、三斎公も随従遊ばされ、あとには泰勝院殿幽斎藤孝たいしょういんでんゆうさいふじたか公御留守遊ばされ候。景一は京都赤松殿やしきにありし時、烏丸光広からすまるみつひろ卿と相識そうしきに相成りおりそろ。これは光広卿が幽斎公和歌の御弟子にて、嫡子ちゃくし光賢みつかた卿に松向寺殿の御息女万姫君まんひめぎみめあわせ居られそろゆえに候。さて景一光広卿をかいして御当家御父子とも御心安く相成りおり候。田辺攻たなべぜめの時、関東に御出おんいで遊ばされ候三斎公は、景一が外戚がいせきの従弟たる森三右衛門を使に田辺へ差立てられ候。森は田辺にちゃくいたし、景一に面会して御旨おんむねを伝え、景一はまた赤松家の物頭ものがしら井門亀右衛門いかどかめえもんはかり、田辺城の妙庵丸櫓みょうあんまるやぐら矢文やぶみを射掛け候。翌朝景一は森を斥候の中に交ぜて陣所を出だしり候。森は首尾よく城内に入り、幽斎公の御親書を得て、翌晩関東へ出立いたし候。このとし赤松家滅亡せられ候により、景一は森の案内にて豊前国ぶぜんのくにへ参り、慶長六年御当家に召抱めしかかえられそろ元和げんな五年御当代光尚みつひさ公御誕生遊ばされ、御幼名六丸君ろくまるぎみと申候。景一は六丸君御附おつきと相成り候。元和げんな七年三斎公御致仕ちし遊ばされ候時、景一も剃髪ていはついたし、宗也そうや名告なのり候。寛永かんえい九年十二月九日御先代妙解院殿忠利公みょうげいんでんただとしこう肥後ひごへ御入国遊ばされ候時、景一も御供おんともいたし候。十八年三月十七日に妙解院殿卒去遊ばされ、次いで九月二日景一も病死いたし候。享年きょうねん八十四歳に候。
 兄九郎兵衛一友かずともは景一が嫡子にして、父につきて豊前ぶぜんへ参り、慶長十七年三斎公に召しいだされ、御次勤おんつぎづとめおおせつけられ、後病気により外様勤とざまづとめと相成り候。妙解院殿の御代おんだいに至り、寛永十四年冬島原攻しまばらぜめの御供いたし、翌十五年二月二十七日兼田弥一右衛門かねたやいちえもんとともに、御当家攻口せめくちの一番乗と名告り、海に臨める城壁の上にて陣亡いたし候。法名を義心英立居士ぎしんえいりゅうこじもうしそろ
 それがし文禄ぶんろく四(三)年景一が二男に生れ、幼名才助と申候。七歳の時父につきて豊前国小倉へ参り、慶長十七年十九歳にて三斎公に召しいだされ候。元和七年三斎公致仕遊ばされ候時、父も剃髪いたしそうらえば、某二十八歳にて弥五右衛門景吉やごえもんかげよしと名告り、三斎公の御供いたし候て、豊前国興津に参り候。
 寛永元年五月安南船あんなんせん長崎に到着候時、三斎公は御薙髪ごていはつ遊ばされ候てより三年目なりしが、御茶事おんちゃじ御用おんもちいなされ候珍らしき品買い求め候様おおせ含められ、相役あいやく横田清兵衛と両人にて、長崎へ出向き候。幸なる事には異なる伽羅きゃらの大木渡来いたしおり候。しかるところその伽羅に本木もとき末木うらきとの二つありて、はるばる仙台より差下さしくだされ候伊達権中納言だてごんちゅうなごん殿の役人ぜひとも本木の方を取らんとし、某も同じ本木に望を掛け互にせり合い、次第に値段をつけげ候。
 その時横田もうしそろは、たとい主命なりとも、香木こうぼくは無用の翫物がんぶつ有之これあり、過分の大金をなげうそろこと不可然しかるべからず所詮しょせん本木を伊達家に譲り、末木を買求めたきよし申候。それがし申候は、某は左様には存じ申さず、主君の申つけられ候は、珍らしき品を買い求め参れとの事なるに、このたび渡来そろ品の中にて、第一の珍物はかの伽羅に有之、その木に本末あれば、本木の方が尤物ゆうぶつ中の尤物たること勿論もちろんなり、それを手に入れてこそ主命を果すに当るべけれ、伊達家だてけの伊達を増長いたさせ、本木を譲りそろては、細川家のながれけがす事と相成り申すべくと申そろ。横田嘲笑あざわらいて、それは力瘤ちからこぶの入れどころが相違せり、一国一城を取るかるかと申す場合ならば、くまで伊達家にたてをつくがよろしからん、高が四畳半のにくべらるる木の切れならずや、それに大金をてんこと存じも寄らず、主君御自身にてせり合われそうらわば、臣下としていさとどめ申すべきなり、たとい主君がしいて本木を手に入れたく思召おぼしめされんとも、それを遂げさせ申す事、阿諛便佞あゆべんねい所為しょいなるべしと申そろ。当時三十一歳のそれがし、このことばを聞きて立腹致し候えども、なお忍んで申候は、それはいかにも賢人らしき申条もうしじょうなり、さりながら某はただ主命ともうすものが大切なるにて、主君あの城を落せとおおせられ候わば、鉄壁なりとも乗り取り申すべく、あの首を取れと仰せられ候わば、鬼神なりとも討ち果たし申すべくと同じく、珍らしき品を求め参れと仰せられ候えば、この上なき名物を求めん所存なり、主命たる以上は、人倫の道にもとり候事は格別、その事柄に立入り候批判がましき儀は無用なりと申候。横田いよいよ嘲笑あざわらいて、お手前とてもその通り道にもとりたる事はせぬと申さるるにあらずや、これが武具などならば、大金にうとも惜しからじ、香木に不相応なるあたいをいださんとせらるるは若輩じゃくはいの心得ちがいなりと申候。某申候は、武具と香木との相違は某若輩ながら心得居る、泰勝院殿たいしょういんでん御代おんだいに、蒲生がもう殿申されそろは、細川家には結構なる御道具あまた有之これあるよしなれば拝見に罷出まかりいずべしとの事なり、さて約束せられし当日に相成り、蒲生殿参られそろに、泰勝院殿は甲冑かっちゅう刀剣ゆみやりの類をつらねて御見せなされ、蒲生殿意外におぼされながら、一応御覧あり、さて実は茶器拝見致したく参上したる次第なりと申され、泰勝院殿御笑いなされ、先きには道具とおおせられ候故、武家の表道具を御覧に入れたり、茶器ならば、それも少々持合せ候とて、はじめて御取おんといだしなされし由、御当家におかせられては、代々武道の御心掛深くおわしまし、かたがた歌道茶事までも堪能たんのうに渡らせらるるが、天下に比類なき所ならずや、茶儀は無用の虚礼なりと申さば、国家の大礼、先祖の祭祀さいしすべて虚礼なるべし、我等われらこのたび仰を受けたるは茶事に御用に立つべき珍らしき品を求むるほか他事なし、これが主命なれば、身命にけても果さでは相成らず、貴殿が香木に大金を出す事不相応なりと思されそろは、その道の御心得なきゆえ、一徹に左様思わるるならんと申候。横田聞きも果てず、いかにも某は茶事の心得なし、一徹なる武辺者ぶへんものなり、諸芸に堪能なるお手前の表芸が見たしと申すや否や、つと立ち上がり、脇差わきざしを抜きて投げつけ候。某は身をかわしてけ、刀は違棚ちがいだなの下なる刀掛に掛けありし故、飛びしざりて刀を取り抜き合せ、ただ一打に横田を討ち果たし候。
 かくて某は即時に伽羅きゃらの本木を買い取り、仲津なかつへ持ち帰り候。伊達家の役人は是非ぜひなく末木を買い取り、仙台へ持ち帰り候。某は香木を三斎公に参らせ、さて御願い申候は、主命大切と心得候ためとは申ながら、御役おんやくに立つべきさむらい一人討ち果たし候段、恐れ入り候えば、切腹仰附おおせつけられたくと申候。三斎公聞召きこしめされ、某に仰せられ候はその方が申条一々もっとも至極しごくせり、たとい香木はとうとからずとも、このほうが求め参れと申しつけたる珍品ちんぴんに相違なければ大切と心得候事当然なり、総て功利の念をもって物をそうらわば、世の中にとうとき物は無くなるべし、ましてやその方が持ち帰り候伽羅は早速き試み候に、希代きたいの名木なれば「聞く度に珍らしければ郭公ほととぎすいつも初音はつね心地ここちこそすれ」と申す古歌にもとづき、銘を初音とつけたり、かほどの品を求め帰り候事天晴あっぱれなり、ただしたれそろ横田清兵衛が子孫遺恨いこんふくみいては相成らずと仰せられ候。かくて直ちに清兵衛が嫡子を召され、御前においてさかずきを申付けられ、某は彼者かのものと互に意趣を存ずまじきむね誓言せいごんいたし候。しかるに横田家の者どもとかく異志を存する由相聞え、ついに筑前国ちくぜんのくに罷越まかりこそろ。某へは三斎公御名忠興ただおきおきの字をたまわり、沖津を興津と相改めそろよう御沙汰ごさた有之候。
 これより二年目、寛永三年九月六日むいか主上しゅじょう二条の御城おんしろへ行幸遊ばされ妙解院殿へかの名香を御所望有之これありすなわちこれをけんぜらるる、主上叡感えいかん有りて「たぐひありとたれかはいはむすゑ※(「鈞のつくり」、第3水準1-14-75)にほふ秋より後のしら菊の花」と申す古歌の心にて、白菊と名附なづけさせたもうよし承り候。某が買い求め候香木、かしこくも至尊の御賞美をこうむり、御当家のほまれと相成り候事、存じ寄らざると存じ、落涙候事に候。
 その後某は御先代妙解院殿よりも出格の御引立をこうむり、寛永九年御国替おんくにがえみぎりには、三斎公の御居城八代やつしろ相詰あいつめ候事と相成り、あまつさえ殿御上京の御供にさえ召具めしぐせられそろ。しかるところ寛永一四年島原征伐の事有之これあり候。某をば妙解院殿御弟君中務少輔殿立孝公なかつかさしょうゆうどのたつたかこう御旗本おんはたもとに加えられ御幟おんのぼりを御預けなされ候。十五年二月廿二日御当家御攻口おんせめくちにて、御幟を一番に入れ候時、銃丸左のももあたり、ようよう引き取り候。その時某四十五歳に候。手創てきず平癒へいゆ候て後、某は十六年に江戸詰えどづめ仰つけられそろ
 寛永十八年妙解院殿存じ寄らざる御病気にて、御父上に先立さきだち、御卒去遊ばされ、当代肥後守殿光尚ひごのかみどのみつひさ公の御代みよと相成り候。同年九月二日には父弥五右衛門景一死去いたし候。次いで正保しょうほう二年三斎公も御卒去遊ばされ候。これよりき寛永十三年には、同じ香木の本末を分けて珍重なされ候仙台中納言殿さえ、少林城わかばやしじょうにおいて御薨去ごこうきょなされそろ。かの末木の香は「世の中の憂きを身に積む柴舟しばふねやたかぬ先よりこがれゆくらん」と申す歌の心にて、柴舟と銘し、御珍蔵なされ候由に候。
 それがしつらつら先考御当家に奉仕つかえたてまつりそろてより以来の事を思うに、父兄ことごとく出格の御引立をこうむりしは言うもさらなり、某一身に取りては、長崎において相役横田清兵衛を討ち果たし候時、松向寺殿一命を御救助下され、この再造さいぞうの大恩ある主君御卒去遊ばされ候に、某いかでか存命いたさるべきと決心いたし候。
 先年妙解院殿御卒去のみぎりには、十九人の者ども殉死じゅんしいたし、また一昨年松向寺殿御卒去の砌にも、簑田平七正元みのたへいしちまさもと小野伝兵衛友次おのでんべえともつぐ久野与右衛門宗直くのよえもんむねなお宝泉院勝延行者ほうせんいんしょうえんぎょうじゃの四人直ちに殉死いたし候。簑田は曾祖父そうそふ和泉いずみと申す者相良遠江守さがらとおとうみのかみ殿の家老にて、主とともに陣亡し、祖父若狭わかさ、父牛之助流浪るろうせしに、平七は三斎公に五百石にて召しいだされしものに候。平七は二十三歳にて切腹し、小姓こしょう磯部長五郎介錯かいしゃくいたし候。小野は丹後国にて祖父今安太郎左衛門いまやすたろざえもんだいに召し出されしものなるが、父田中甚左衛門じんざえもん御旨おんむねさかい、江戸御邸より逐電ちくてんしたる時、御近習ごきんじゅを勤めいたる伝兵衛に、父を尋ね出して参れ、もし尋ね出さずして帰り候わば、父の代りに処刑いたすべしとおおせられ、伝兵衛諸国を遍歴せしに廻り合わざる趣にてまかり帰り候。三斎公その時死罪を顧みずして帰参候は殊勝なりと仰せられ候て、助命遊ばされ候。伝兵衛はこの恩義を思そろて、切腹いたし候。介錯かいしゃく磯田いそだ十郎に候。久野は丹後の国において幽斎公に召し出され、田辺御籠城ごろうじょうの時功ありて、新知しんち百五十石たまわり候者に候。矢野又三郎介錯いたし候。宝泉院は陣貝吹じんがいふき山伏やまぶしにて、筒井順慶つついじゅんけいの弟石井備後守吉村いしいびんごのかみよしむらが子にそろ。介錯は入魂じっこんの山伏の由に候。
 それがしはこれの事を見聞みききそろにつけ、いかにもうらやましく技癢ぎようえずそうらえども、江戸詰御留守居の御用残りおり、他人には始末相成りがたく、むなしく月日の立つに任せ候。しかるところ松向寺殿御遺骸ごいがいは八代なる泰勝院にて※(「田+比」、第3水準1-86-44)だびせられしに、御遺言ごゆいごんにより、去年正月十一日泰勝院専誉御遺骨ごゆいこつを京都へ護送いたし候。御供には長岡河内景則ながおかかわちかげのり加来作左衛門家次かくさくざえもんいえつぐ、山田三右衛門、佐方源左衛門秀信さかたげんざえもんひでのぶ吉田兼庵よしだけんあん相立ち候。二十四日には一同京都に着し、紫野大徳寺むらさきのだいとくじ高桐院こうとういんに御納骨いたし候。御生前において同寺清巌和尚せいがんおしょうに御約束有之これあり候趣に候。
 さて今年御用相片づき候えば、御当代に宿望言上いたしそろに、みがたき某が志を御聞届け遊ばされそろ[#ルビの「そろ」は底本では「それ」]。十月二十九日朝御暇乞おんいとまごいに参り、御振舞おんふるまいに預り、御手おんてずから御茶を下され、引出物ひきでものとして九曜のもん赤裏の小袖二襲ふたかさねたまわり候。退出候後、林外記はやしげき殿、藤崎作左衛門殿を御使としてつかわされ後々の事心配いたすまじきむねおおせられ、御歌を下され、又京都へ参らば、万事古橋小左衛門と相談して執り行えとねんごろに仰せられ候。その外堀田加賀守ほったかがのかみ殿、稲葉能登守いなばのとのかみ殿も御歌おんうたを下され候。十一月二日江戸出立の時は、御当代の御使として田中左兵衛殿品川まで見送られ候。
 当地にちゃくそろてよりは、当家の主人たる弟又次郎の世話に相成り候。ついては某相果て候後、短刀を記念かたみつかわし候。
 餞別せんべつとして詩歌しいかを贈られそろ人々は烏丸大納言資慶からすまるだいなごんすけよし卿、裏松宰相資清うらまつさいしょうすけきよ卿、大徳寺清巌和尚、南禅寺、妙心寺、天竜寺、相国寺、建仁寺、東福寺ならびに南都興福寺の長老達に候。
 明日切腹候場所は、古橋殿取計とりはからいにて、船岡山ふなおかやまの下に仮屋を建て、大徳寺門前より仮屋まで十八町の間、藁筵わらむしろ三千八百枚余を敷き詰め、仮屋の内には畳一枚を敷き、上に白布をおお有之これありそろよしに候。いかにも晴がましく候て、心苦しく候えども、これまた主命なれば是非なくそろ立会たちあいは御当代の御名代ごみょうだい谷内蔵之允たにくらのすけ殿、御家老長岡与八郎殿、同半左衛門殿にて、大徳寺清巌実堂和尚も臨場りんじょうせられ候。せがれ才右衛門も参るべく候。介錯はかねて乃美市郎兵衛勝嘉のみいちろべえかつよし殿に頼みおき候。
 某法名ほうみょう孤峰不白こほうふはくと自選いたしそろ。身不肖ふしょうながら見苦しき最期も致すまじく存じおり候。
 この遺書は倅才右衛門あてにいたしおき候えば、子々孫々相伝あいつたえ、某が志を継ぎ、御当家に奉対たいしたてまつり、忠誠をぬきんずべく候。
  正保しょうほう四年丁亥ていがい十二月朔日さくじつ
興津弥五右衛門景吉華押かおう
    興津才右衛門殿

 正保四年十二月二日、興津弥五右衛門景吉は高桐院こうとういんの墓にもうでて、船岡山ふなおかやまふもとに建てられた仮屋に入った。畳の上に進んで、手に短刀を取った。背後うしろに立っている乃美のみ市郎兵衛の方を振り向いて、「頼む」と声を掛けた。白無垢しろむくの上から腹を三文字に切った。乃美はうなじを一刀切ったが、少し切り足りなかった。弥五右衛門は「喉笛のどぶえを刺されい」と云った。しかし乃美が再び手を下さぬ間に、弥五右衛門は絶息した。
 仮屋の周囲には京都の老若男女がごとくに集って見物した。落首の中に「比類なき名をば雲井に揚げおきつやごゑを掛けて追腹おひばらを切る」と云うのがあった。

 興津家の系図は大略左の通りである。

興津家の系図

 弥五右衛門景吉かげよし嫡子ちゃくし才右衛門一貞かずさだは知行二百石をたまわって、鉄砲三十挺頭ちょうがしらまで勤めたが、宝永元年に病死した。右兵衛景通うひょうえかげみちから四代目である。五世弥五右衛門は鉄砲十挺頭まで勤めて、元文げんぶん四年に病死した。六世弥忠太は番方ばんかたを勤め、宝暦ほうれき六年に致仕ちしした。七世九郎次は番方を勤め、安永五年に致仕した。八世九郎兵衛は養子で、番方を勤め、文化元年に病死した。九世栄喜えいきは養子で、番方を勤め、文政九年に病死した。十世弥忠太は栄喜の嫡子で、後才右衛門と改名し、番方を勤め、万延まんえん元年に病死した。十一世弥五右衛門は才右衛門の二男で、後宗也そうやと改名し、犬追物いぬおうもの上手じょうずであった。明治三年に番士にせられていた。
 弥五右衛門景吉の父景一かげかず[#ルビの「かげかず」は底本では「かげかす」]には男子が六人あって、長男が九郎兵衛一友かずともで、二男が景吉であった。三男半三郎は後作太夫景行かげゆき名告なのっていたが、慶安五年に病死した。その子弥五太夫が寛文十一年に病死して家が絶えた。景一の四男忠太は後四郎右衛門景時と名告った。元和元年大阪夏の陣に、三斎公に従って武功を立てたが、行賞の時思う旨があると云って辞退したので追放せられた。それから寺本氏に改めて、伊勢国いせのくに亀山かめやまって、本多下総守俊次ほんだしもうさのかみとしつぐに仕えた。次いで坂下さかのした、関、亀山三箇所の奉行ぶぎょうにせられた。寛政(永)十四年の冬、島原の乱に西国の諸侯が江戸から急いで帰る時、細川越中守綱利えっちゅうのかみつなとしと黒田右衛門佐光之うえもんのすけみつゆきとが同日に江戸を立った。東海道に掛かると、人馬が不足した。光之は一日だけ先へ乗り越した。この時寺本四郎右衛門[#「四郎右衛門」は底本では「四郎兵衛」]が京都にいる弟又次郎の金を七百両借りて、坂下、関、亀山三箇所の人馬を買い締めて、山の中に隠して置いた。さて綱利の到着するのを待ち受けて、その人馬を出したので、綱利は土山水口の駅で光之を乗り越した。綱利は喜んで、後に江戸にいた四郎右衛門の二男四郎兵衛をかかえた。四郎兵衛の嫡子作右衛門は五人扶持にんふち二十石を給わって、中小姓ちゅうこしょう組に加わって、元禄四年に病死した。作右衛門の子のぼるは越中守宣紀のぶのりに任用せられ、役料共七百石を給わって、越中守宗孝むねたかの代に用人を勤めていたが、元文三年に致仕した。登の子四郎右衛門[#「四郎右衛門」は底本では「四郎兵衛」]物奉行ものぶぎょう[#「物奉行ものぶぎょうを」は底本では「物奉作ものぶぎょうを」]勤めているうちに、寛延三年に旨にさかって知行宅地を没収せられた。その子宇平太うへいたは始め越中守重賢しげかたの給仕を勤め、後に中務大輔治年なかつかさたいふはるとし近習きんじゅになって、擬作高ぎさくだか百五十石を給わった。次いで物頭列ものがしられつにせられて紀姫つなひめ附になった。文化二年に致仕した。宇平太の嫡子順次は軍学、射術に長じていたが、文化五年に病死した。順次の養子熊喜くまきは実は山野勘左衛門の三男で、合力米ごうりきまい二十石を給わり、中小姓を勤め、天保八年に病死した。熊喜の嫡子衛一郎は後四郎右衛門と改名し、玉名郡代を勤め、物頭列ものがしられつにせられた。明治三年に鞠獄大属きくごくだいぞくになって、名を登と改めた。景一の五男八助は三歳の時足をきずつけて行歩ぎょうほ不自由になった。宗春むねはると改名して寛文十二年に病死した。景一の六男又次郎は京都に住んでいて、播磨国はりまのくにの佐野官十郎の孫市郎左衛門を養子にした。

底本:「カラー版日本文学全集7 森鴎外」河出書房新社
   1969(昭和44)年3月30日初版発行
初出:「中央公論」
   1912(大正元)年10月
※人名の修正箇所は、「山椒大夫・高瀬舟・阿部一族」(角川文庫、1967)を参照しました。
入力:土屋隆
校正:川山隆
2008年3月24日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示