教育の目的

この一編は、頃日けいじつ、諭吉が綴るところの未定稿中より、教育の目的とも名づくべき一段を抜抄ばっしょうしたるものなれば、前後の連絡を断つがために、意をつくすに足らず、よってこれを和解わげ演述して、もって諸先生の高評を乞う。

 教育の目的は、人生を発達して極度に導くにあり。そのこれを導くは何のためにするやと尋ぬれば、人類をして至大の幸福を得せしめんがためなり。その至大しだいの幸福とは何ぞや。ここに文字の義を細かに論ぜずして民間普通の語を用うれば、天下泰平・家内安全、すなわちこれなり。今この語の二字を取りて、かりにこれを平安の主義と名づく。人として平安を好むは、これをその天性というべきか、はた習慣というべきか。余は宗教の天然説を度外視する者なれば、天の約束というも、人為じんいの習慣というも、そのへんはこれを人々にんにんの所見にまかして問うことなしといえども、ただ平安を好むの一事にいたりては、古今人間の実際に行われてたがうことなきを知るべきのみ。しからばすなわち教育の目的は平安にありというも、世界人類の社会に通用してさまたげあることなかるべし。
 そもそも今日の社会に、いわゆる宗旨なり、徳教なり、政治なり、経済なり、その所論おのおのおもむきを一にせずして、はなはだしきは相互あいたがい背馳はいちするものもあるに似たれども、平安の一義にいたりては相違あいたがうなきを見るべし。宗旨・徳教、何のためにするや。善を勧めて精神の平安をいたすのみ。政治、何のためにするや。悪をらし害を防ぎて、もって心身の平安を助くるのみ。経済、何のためにするや。人工を便利にして形体の平安を増すのみ。されば平安の主義は人生の達するところ、教育のとどまるところというも、はたして真実無妄むもうなるを知るべし。
 人あるいはいわく、天下泰平・家内安全をもって人生教育の極度とするときは、野蛮無為むい羲昊ぎこう以上の民をもって人類のとどまるところとなすべし。近くは我が徳川政府二百五十余年の泰平の如きは、すなわち至善至美ならんとの説もあれども、この説は事物の末を見て、そのもとを知らざる者のみ。野蛮の無為、徳川の泰平の如きは、当時その人民の心身、あんはすなわち安なりといえども、その安は身外の事物、我に向って愉快を呈するに非ず。外の事物の性質にかかわらずして、我が心身にこれを愉快なりと思うものにすぎず。すなわち万民安堵あんど、腹をしてるを知ることなれども、その足るを知るとは、なし、足らざるを知らざりしのみ。
 たとえば往古おうこ支那にて、天子の宮殿も、茆茨ぼうしらず、土階どかい三等さんとう、もって安しというといえども、その宮殿は真実安楽なる皇居に非ず。かりに帝堯ていぎょうをして今日にあらしめなば、いかに素朴節倹なりといえども、段階に木石を用い、おくもまた瓦をもってくことならん。また徳川の時代に、江戸にいて奥州おうしゅうの物を用いんとするに、飛脚ひきゃくを立てて報知して、先方より船便ふなびんに運送すれば、到着は必ず数月の後なれども、ただその物をさえ得れば、もって便利なりとしてよろこびしことなれども、今日は一報の電信に応じて、蒸気船便に送れば、数日にして用を弁ずべし。数年の後、奥羽地方に鉄道を通ずるの日には、今の蒸気船便もまた、はなはだ遅々ちちたるを覚ゆることならん。
 ゆえに、古人の便利とするところは、今日はなはだ不便なり。今日の便利は、今後また不便とならん。古人は今を知らずして、当時の事物を便利なりと思いしことにて、今人こんじんもまた今後を知らずして、今を安楽と思うのみ。また近くこれをたとうれば、かの煙草を喫する者を見よ。一きんの価十銭の葉を喫するも、口にならざるに非ず。その後二十銭のものを買い、これに慣るること数日なれば、またはじめの麁葉そようを喫すべからず。
 ついでまた朋友親戚等より、某国産の銘葉めいようを得て、わずかに一、二管を試みたる後には、以前のものはこれを吸うべからざるのみならず、かたわらにこれをくんずる者あれば、その臭気をぐにも堪えず。もしもいてみずからこれを用いんとすれば、ただ苦痛不快を覚うべきのみ。これを吸煙の上達と称し、世人の実験においてあまねく知るところなり。ひとしく同一の煙草にして、はじめはこれを喫して美なりしもの、今はかえって口に不快を覚えしむ。然らばすなわちこの麁葉そようは、最初に美を呈したるに非ず、ただ我が当時の口にてこれを美と称し快楽と思いしのみ。すなわち人生のはたらきの一ヵ条たる喫煙も、その力よく発達すれば、わずかに数日の間に苦楽のおもむきことにするの事実を見るべし。
 ゆえに天下泰平・家内安全の快楽も、これを身にくる人の心身発達して、その働を高尚の域にすすむるときは、古代の平安は今世の苦痛不快たることあるべし。余輩のいわゆる平安とは、精神も形体もともに高尚に達して、この高尚なる心身に応じて平安なるものを平安と名づくるなり。すなわちこの平安を目的とするところの教育のむねは、人生の働の一ヵ条をも空しゅうせずして快楽を得んとするにあり。足るを知るを勧むるにあらず、足らざるを知りてこれを足すの道を求むるにあるものなり。野蛮の無為むい、徳川の泰平の如きは、平安と称すべからざるのみならず、かえってこれを苦痛不快と認めざるをえず。その平安の美は煙草の麁葉にひとしきものといいて可なり。
 またある人の説に、平安を好むは人情において、あるいは然るに似たりといえども、今日の事実においておおいに然らざるものあり。大は各国の交際に権を争い、小は人々にんにんの渡世に利をむさぼり、はなはだしきは物を盗み人を殺すものあり。なおはなはだしきは、かの血気の少年軍人の如きは、ひたすら殺伐戦闘をもって快楽となし、つねに世の平安をいとうて騒乱多事を好むが如し。ゆえに平安の主義は、人類のこの一部分に行われて、他の一部分には通用すべからずとの問題あれども、この問題に答うるははなはだ難きに非ず。国の権を争い人の利をむさぼるは、他なし、自国自身の平安を欲する者なり。
 また、物を盗み人を殺す者といえども、自から利して自己の平安幸福をいたさんと欲するにすぎず。盗んでこれをかくし、殺して遁逃とんとうするは何ぞや。他の平安幸福をば害すれども、おのずから害するを好まざるの証なり。また、いかなる盗賊にても博徒にても、外に対しては乱暴無状なりといえども、その内部に入りて仲間の有様を見れば、朋輩の間、おのずから約束あり、規則あり。すなわちその約束規則は自家の安全をはかるものより外ならず。しかのみならず、この法外の輩が、たがいにその貧困を救助して仁恵を施し、その盗みたる銭物を分つに公平の義を主とし、その先輩の巨魁きょかいに仕えて礼をつくし、窃盗を働くに智術をきわめ、会同・離散の時刻に約をたがえざる等、その局処についてこれをみれば、仁義礼智信を守りて一社会の幸福を重んずる者の如し。ゆえに平安の主義は、法外の仲間にも行われて、有力なるものといわざるをえざるなり。
 また、血気けっきはいが、ただ社会の騒動を企望きぼうして変を好み、自己の利益をもかえりみずしてみだりに殺伐をこととするは、平安の主義にもとるが如くなれども、つまびらかにその内情を察すれば、必ず名利のためより外ならざるを発明すべし。名利とは何ぞや。他なし、自己の幸福、社会の安全に関係するところのものなれども、ただ審判の力に乏しくして、あるいは事のせいを期すること急に過ぎ、あるいはその事を施行しこうすることげきに過ぎて、心事の本色を現わすこと能わざるのみ。
 たとえば少年の勇士が死を決して自から快と称する者あれども、その快たるや、ただ絶命のみをもって快とするに非ず。その時の事情をいえば、本人の心にくわだつるところの事は大に過ぎて、これに応ずべき自己の力は小にして足らず、その大小の平均を得るに路なきがために、無上の宝たる一命をもておのが企つるところの事に殉じ、いささかその情を慰めて、もって快と称するものなり。けだしこのたぐいの愉快は、形体に関係なくして精神に属す。形体にありては安楽と称し、精神にありては愉快という。その文字ことなりといえども、結局平安の主義に洩れざるものなり。
 また、今の我が日本にて新政府を建て、今日もっぱら社会の平安を欲して焦思苦慮しょうしくりょする者は誰ぞや。十余年前にありては、しきりに世の多事を好み騒動を企望して余念なかりし血気の士人に非ずや。その士人の中には殺伐無状、人を殺し家を焼き、およそ社会の平安を害すべき事なれば一も避くるところなく、ついに身をるるの地なきにいたれば、快と称して死につきし者もあり。幸にして死にいたらざりし者が、今の地位にいて事をとるのみ。すなわち昔日せきじつは乱を好み、今日は治を欲する者なり。
 もしも維新の一挙、当初に失敗したらば、この輩はただ世の騒乱を好みて平安をいとう者とて、天下後世の評論を受け、あるいはそのえんを訴うるによしなきを知るべからずといえども、偶然に今日の事実を見ればこそ、前年に乱を好みしは、その心事の本色ほんしょくに非ず、その乱はただ改めて治安をいたすの方便たりしとの事実も、はじめて明白なるを得たることなれ。これまた本論の一例として見るべし。人生決して乱を好むものに非ざるなり。
 右の如く平安を好むの人情は、世界中に通用してたがうことなく、各国の交際も人々にんにん渡世とせいも、その目的、平安にあらざるはなし。なお進みて戦闘殺伐、物を盗み人を殺す者も、この主義にれざるものとするときは、人生の目的は、他を害して身を利するにすぎず。これをもって教育の本旨とするは当らざるに似たれども、人生発達の点にまなこちゃくすれば、この疑を解くに足るべし。そもそも人生の智識、未だ発せざるに当りては、心身のはたらき、ただ形体の一方に偏するを常とす。いわゆる手もて口に接する小児の如き、これなり。野蛮未開、耕して食らい井を掘りて飲むが如き、これなり。すでに食らいすでに飲むときは、口腹の慾、もって満足すべしといえども、なお足らざるものあり。衣服なかるべからず、住居なかるべからず。衣食住居すでに備わり、一家もって安楽なり。なお足らざるものあり。隣人のつきあいなかるべからず、社会の交際なかるべからず。
 すでに交際あるときは、そのまじわるところの者は高尚にして美ならんことを欲するもまた人情なり。他人の醜美は我が形体の苦楽に関係なきものなれども、その美を欲するはあたかも我が家屋を装い庭園をおさめ、自からこれをて快楽を覚ゆるの情にことならず。家屋庭園の装飾はただちに我が形体の寒熱痛痒つうように感ずるにあらざれども、精神の風致をなぐさむるのにして、戸外の社会に交りてその社会の美を観るもまた、我が精神の情を慰めて愉快を覚えしむるの術なり。
 現に今日の人間交際を見るに、いかなる人にても、まじわりを求むるに上流を避けて下流につく者を見ず。ことさらに富貴の人を嫌うて、貧賤を友とする者を見ず。その富貴上流の人に交るや、必ずしも(往々あれども)彼の富貴を取りて我に利するに非ざれども、おのずからこれに接して快きものあればなり。なお俗間の婦女子が俳優を悦び、男子が芸妓を愛するが如し。そのこれを愛するや、必ずしも(往々あれども)色慾に出ずるに非ず。ただこれを観て我が情を慰むるのみ。すなわち我が形体に関係なくして他の美を悦ぶものなり。すでに社会の美を欲す。然らばすなわち、その醜をにくむもまた人情ならざるをえず。その醜を変じて美となすべきの術あれば、その術を求めてこれを施すもまた人情なり。
 ここにおいてか貧困を救助し、文盲を教育する者あり。これを仁人君子と称す。仁人君子は、我が利害を棄てて人のためにし、我に損して他にえきすというといえども、その実は決して然らず。そのすつるところのものは、形体に属する財物か、または財にひとしき時間、心労にして、そのむくいとして得るものには、我が情を慰むるの愉快あり。すなわち形体の安楽を売りて精神の愉快を買うものなり。人生の発達、そのまったきを得て、形体の安楽にかねて精神の愉快を重んずるの日にいたり、はじめて人類至大の幸福を見るべきなり。
 けだし、かの盗賊以下、他を害して身を利する者の如きは、その生の働、発達せずして、平安の主義にしたがうこと、わずかに形体の一方に止まりて、未だ精神の愉快なるものを知るにいたらず、あるいはその愉快とするところの境界はなはだ狭くして、身外の美をもっておのずから楽しむの情に乏しきもののみ。なお無智の小児が物の旨否しひを知りて醜美を弁せざるが如し。
 教育の旨は、形体と精神とふたつながらこれを導きて、その働の極度にいたらしむるにあり。ゆえに世に害他利身がいたりしんはいあるは、教育の未だあまねからずして、人生の未だ発達せざるものなれども、平安の主義はおのずからその間に行われて故障を見ざるものと知るべし。
 形体の安楽を知りて精神の愉快を知らざる者は、とくに盗賊以下に限らず、現今世界各国の交際においてもまた然り。かの西洋諸国の人民がいわゆる野蛮国なるものを侵して、次第にその土地を奪い、その財産をぎ、他の安楽をてんして自から奉ずるのとなすが如き、その処置、ごうも盗賊に異ならず。
 在昔ざいせき、欧羅巴の白人が亜米利加に侵入してその土人を逐い、英人が印度地方大洋諸島に往来して暴行をたくましゅうしたるもその一例なり。今日西洋において仏国さかんなり英国富むというといえども、その富のよってきたるところは何処いずこにあるや。竜動ロンドン巍々ぎぎたる大廈たいか石室せきしつなり、その市街に来往する肥馬軽車なり、公園の壮麗、寺院の宏大、これを作りてこれを維持するその費用の一部分は、遠く野蛮未開の国土より来りしものならん。ただに遠国のみならず、現に両国境を接する日耳曼ゼルマンと仏蘭西との戦争において、日は仏より五十億フランクの償金を取上げたり。他なし、隣国を貧にして自から富むの手段のみ。
 かくの如きはすなわち、日耳曼の人民は隣人の貧困をみて愉快を覚ゆる者ならん。けだし今の世界各国の人民は、自から安楽を知りて他の不幸を知らざる者なり。一国内形体の安全を求めて、国外の安全に愉快を覚ゆるの精神に乏しき者なり。すなわち国の教育の未だ上達せざるものといいて可なり。

底本:「福沢諭吉教育論集」岩波文庫、岩波書店
   1991(平成3)年3月18日第1刷発行
底本の親本:「福沢諭吉選集 第3巻」岩波書店
   1980(昭和55)年12月18日第1刷発行
初出:「東京学士会員雑誌 第1号」
   1879(明治12)年6月発行
※底本276ページの注釈にある、前書を付加しました。レイアウトは他の論文に準拠しました。
※「貪(むさぼ)り」と「貪(むさ)ぼる」の混在は、底本通りにしました。
入力:田中哲郎
校正:noriko saito
2007年2月13日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示