『それから』予告

 色々な意味に於てそれからである。「三四郎」には大学生の事をかいたが、この小説にはそれから先の事を書いたからそれからである。「三四郎」の主人公はあの通り単純であるが、此主人公はそれからあとの男であるから此点に於ても、それからである。此主人公は最後に、妙な運命におちいる。それからさきうなるかは書いてない。此意味に於てもまたそれからである。

底本:「漱石全集 第十六巻」岩波書店
   1995(平成7)年4月19日発行
初出:「大阪朝日新聞」
   1909(明治42)年6月20日
   「東京朝日新聞」
   1909(明治42)年6月21日
※初出時、「大阪朝日新聞」には「小説それから」として、「東京朝日新聞」には「新小説予告」「それから」として発表された。
※底本のテキストは、初出(「東京朝日新聞」)による。
※作品の表題「『それから』予告」は、底本編集部による。
※底本には、初出のルビを「適宜削除した。」旨の記述がある。
入力:砂場清隆
校正:小林繁雄
2003年3月31日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示