夫人探索

       一

「百万円あったら、ああしよう……こうしよう」
 と空想していた青年中村芳夫は、思いもかけぬ伯母おばの遺産を受け継いで一躍百万長者になった。
 芳夫は早速数万円を投じて素破すばらしい邸宅を建てた。そこに美姫と、美酒と、山海の珍味を並べて、友達を集めて昼夜兼行の豪遊をこころみたために、百万円は瞬く間に無くなって、いささかなからぬ借財さえ出来た。その抵当に邸宅を取られた彼は、再びもとの通りの無一物になってしまった。

       二

「不思議だ。奇怪だ。不可解だ。百万円を得ない前の自分と、失った後の自分との間には何等の相違もない。空想の百万円と実物の百万円とは、使用した結果から見ると全く同じものであった。おお百万円よ。お前は何のために自分に天降あまくだったのか。何故にかくも無意義に自分から消え去ったのか。おお百万円よ。お前はどこへ行った」
 芳夫は腕を組んでこう考えた。っている限りの人々にこの疑問を提出して解決を求めた。

       三

 山本という社会学者は云った「百万円をお前から奪い去ったのは、百万円自身である。お前が識ったことではない」
 松井という法律学者は云った「お前自身がお前から百万円を奪い去ったのだ」
 村上という心理学者は云った「お前の百万円を奪ったものはお前の心の中に居る。お前の心の奥に隠れて、人知れずニヤニヤ笑っている」
 又空誉くうよという高僧はこういた「百万円は無くなっていない。お前の心の中にチャンと隠されている。その百万円を取り返すには、お前から百万円を奪った、その心を探し出して殺してしまうのが一番だ。そうすれば百万円の金は、自然とお前の身に帰って来る」
 最後に万象という占断者うらないしゃはこう判じた「これは天地否てんちひというです。自然の事を自然の順序に考えて行くと、万事が否定的のフン詰まりになるという、実に不可思議な玄理げんりをあらわした形です。すべての順序を逆にして、考えて行って御覧なさい。地天泰ちてんたいという卦になって一切がやすらかに解決されてゆきます」

       四

 芳夫は思案に余ったあげく、高山という名探偵を訪問して一切の経過を打明けて頼んだ。
「僕の百万円を奪った奴を見付け出して下さい。百万円を取り返して下さい。成功すれば謝礼としてその半額を呈上します」
 名探偵は快よくうなずいた。
「どうか葉巻を一本吸う間待って下さい。考えますから」

       五

 葉巻が短かくなると、高山名探偵は窓の外へ投げ棄てた。組んでいた腕を解いて、事もなげに微笑した。
「百万円を奪った犯人は、あなたの心のほかに居ります」
 芳夫は愕然とした。無言のまま眼を輝やかして一膝進めたが、名探偵は依然として微笑を続けた。
「それは一人の若い女性です。しかも非常な美人で、学識といい、心操しんそうといい、実に申分のない処女です」
 芳夫は思わず叫んだ。
「それはどこに居りますか」
「それを探し出し得る人は世界中にあなた一人です」
 芳夫は面喰った。独言ひとりごとのように云った。
「いったい……それは……どういうわけで……」
 名探偵は厳粛な口調で説明した。
「あなたは百万円を得られる前に、いろんな計劃を立てられたでしょう。それはどれもこれもスバラシイ理想的なものだったでしょう」
 芳夫は無言でうなずいた。
「けれども、その計劃の第一着手として、理想的な美少女を令夫人に迎えることを、あなたは全く忘れておられました。あなたが百万円を得られると同時に、そうした立派な令夫人を迎えておられましたならば、あなたの百万円は一文も無意義に費されずに済んだでしょう」
 青年芳夫の眼から熱い涙がハラハラと溢れ落ちた。高山名探偵はその顔を凝視しつつ、断乎として云い切った。
「すなわち……あなたから、あなたの百万円を奪い去ったものは、あなたの未来の夫人たるべき、その美少女です。あなたはその美少女から百万円を奪い返すべき権利があります」

       六

 中村芳夫は、高山名探偵の、こうした炯眼けいがんと推理力に心から嘆服たんぷくしてしまった。涙と共に床の上にひれ伏した。
「どうぞ私と力を合わせて、その女を探して下さい。百万円の全部をあなたに捧げても構いませんから……」
 名探偵は一議に及ばず引き受けた。
 けれども芳夫青年から、百万円を奪い去ったであろうほどの、理想的な若い女性は容易に見つからなかった。稀に居るにはいたが、芳夫から百万を奪った犯人であることを告白して、結婚の申込を承諾する少女は一人も居なかった。
 芳夫青年と高山名探偵は、とうとう乞食同様になって、野たれ死にをしてしまった。

底本:「夢野久作全集3」ちくま文庫、筑摩書房
   1992(平成4)年8月24日第1刷発行
入力:柴田卓治
校正:江村秀之
2000年7月4日公開
2006年3月10日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
ふりがなを非表示縦書きで表示