『浅野和三郎』の作品一覧

浅野 和三郎(あさの わさぶろう、1874年(明治7年)8月 - 1937年(昭和12年)2月3日)は、日本の心霊主義運動の父。茨城県出身。筆名は浅野 馮虚(あさの ひょうきょ)、憑虚 とも。 生涯 茨城県の利根川下流のほとり、源清田村(現、稲敷郡河内町)に代々医を生業とする浅野家の、父元斎(げんさい)(婿入り)と母かんの三男として生まれる。 1896年(明治29年)、東京帝国大学に入学、時を同じく小泉八雲(パトリック・ラフカディオ・ハーン)が英文学担当教師として赴任し、教えを受ける。在学中に機関誌『帝国文学』に処女作「吹雪」を発表。浅野馮虚の筆名で、その後短編小説等を続々発表し文才を発揮。さらに、英文学科に在籍しながら、英米文学の翻訳にも手を広げ、アーヴィングの『スケッチブック』、ディケンズの『クリスマスカロル』、エドワーズの『奇々怪々』を出版した。このような経歴が、心霊研究への下地となっている。 1899年(明治32年)に東京帝国大学英文学科を卒業。海軍に請われて、横須賀にある海軍機関学校の英語教官に赴任する。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
霊界通信 小桜姫物語霊界通信 小桜姫物語1985(昭和60)年7月31日
霊訓霊訓1995(平成7)年4月20日