『土井晩翠』の作品一覧

土井 晩翠(どい ばんすい、1871年12月5日(明治4年10月23日) - 1952年(昭和27年)10月19日)は、日本の詩人、英文学者。本名、林吉(りんきち)。姓は元は「つちい」だったが昭和初期に改称した。男性的な漢詩調の詩風で、女性的な詩風の島崎藤村と並んで「藤晩時代」と称された。また、瀧廉太郎の作曲で知られる『荒城の月』の作詞者としても知られ、校歌・寮歌なども多く作詞した。戦陣訓の文校正でも知られる。英文学者としては、ホメロス、カーライル、バイロンなどを翻訳している。 生涯 1871年(明治4年)、仙台県仙台の北鍛治町(現・宮城県仙台市青葉区木町通2丁目)に、富裕な質屋の土井林七、あいの長男として生まれた。父は挙芳と号し和歌、俳諧などの文学趣味を持ち、祖母伊勢も和歌を作っていた。8歳で培根小学校(現・仙台市立木町通小学校)に入学。同校在学時に父の影響で『水滸伝』『三国志』『十八史略』に親しみ、『新体詩抄』を愛読した。 祖父の「商人に学問は無用」という意向により進学を阻まれたが、家業に従事しながら英語の通信教育を受けた。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
新詩発生時代の思ひ出明治文學全集 58 土井晩翠 薄田泣菫 蒲原有明 集1967(昭和42)年4月15日
天地有情明治文學全集 581967(昭和42)年4月15日
漱石さんのロンドンにおけるエピソード(夏目夫人にまゐらす)日本の名随筆 別巻31 留学1993(平成5)年9月25日
「雨の降る日は天気が悪い」序雨の降る日は天気が悪い1934(昭和9)年9月23日
野口英世博士の生家を訪ひて((野口記念館の設立を希望す))雨の降る日は天気が悪い1934(昭和9)年9月23日
晩翠放談「自序」晩翠放談1948(昭和23)年8月5日
イーリアス(03 イーリアス)イーリアス1940(昭和15)年11月15日
イーリアス(02 例言)イーリアス1940(昭和15)年11月15日