『長岡半太郎』の作品一覧

長岡 半太郎(ながおか はんたろう、1865年8月19日(慶応元年6月28日) - 1950年(昭和25年)12月11日)は、日本の物理学者。土星型原子モデル提唱などの学問的業績を残した。また、東京帝国大学教授として多くの弟子を指導し、初代大阪帝国大学総長や帝国学士院院長などの要職も歴任した。1937年(昭和12年)、第一回文化勲章受章。正三位勲一等旭日大綬章追贈。 生涯 幼少期と学生時代 現在の長崎県大村市で大村藩藩士長岡治三郎の一人息子として生まれ、幼少期には大村藩藩校五教館(長崎県立大村高等学校の前身)で学んだ。 長岡家は1874年(明治7年)に上京し、半太郎は本郷区湯島小学校に入学。小学校では成績が悪かったらしく、落第したこともあった。共立学校から東京英語学校(東京大学予備門)に進学。父治三郎の転勤などに伴い、大阪英語学校(大阪専門学校)に転校後、東京大学予備門に再入学している。 1882年(明治15年)9月に東京大学理学部(1886年から帝国大学理科大学)に進学。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
プランク先生の憶い出科學朝日 2月號1948(昭和23)年2月1日
物理学革新の一つの尖端随筆1936(昭和11)年11月20日
大阪といふところ隨筆1936(昭和11)年11月20日