『木下杢太郎』の作品一覧

木下 杢太郎(きのした もくたろう、1885年(明治18年)8月1日 - 1945年(昭和20年)10月15日。本名:太田正雄)は、皮膚科の医学者、詩人、劇作家、翻訳家、美術史・切支丹史研究家。大学医学部の教授を歴任し、また、南蛮情緒的、切支丹趣味、耽美享楽的など言われるきらびやかな詩や戯曲を残した。堀花村(ほりかそん)、地下一尺生、葱南(そうなん)、などの筆名も用いた。 生涯 1885年(明治18年)、静岡県賀茂郡湯川村(現・伊東市湯川)に、父・惣五郎、母・いとの末子として生まれた。兄に太田圓三。動物学者の太田嘉四夫(北海道大学教授)は甥。 家業は「米惣」という雑貨問屋であった。その生家は現在、木下杢太郎記念館として保存されている。小学校は、東浦尋常小学校とそれが統合された伊東尋常高等小学校(現・伊東市立西小学校)とであった。 1898年(明治31年)、上京して獨逸学協会学校(現・獨協中学校・高等学校)へ入った。津田左右吉が歴史を教えた。文芸雑誌を読み、絵画にも親しんだ。文筆を習作し、同窓の長田秀雄と蒟蒻版の雑誌『渓流』を編んで回覧した。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
南蛮寺門前現代日本文學大系 25 与謝野寛・与謝野晶子・上田敏・木下杢太郎・吉井勇・小山内薫・長田秀雄・平出修集1970(昭和45)年4月5日
少年の死現代日本文學全集 17 小山内薫 木下杢太郎 吉井勇集1968(昭和43)年4月5日
すかんぽ現代日本文學全集 17 小山内薫 木下杢太郎 吉井勇集1968(昭和43)年4月5日
パンの会の回想日本の名随筆 別巻3 珈琲1991(平成3)年5月25日
本の装釘日本の名随筆 別巻87 装丁1998(平成10)年5月25日
北原白秋氏の肖像書物の王国13 芸術家1998(平成10)年10月25日
海郷風物記現代日本紀行文学全集 東日本編1976(昭和51)年8月1日
京阪聞見録現代日本紀行文学全集 西日本編1976(昭和51)年8月1日
チチアンの死書物の王国13 芸術家1998(平成10)年10月25日
市街を散歩する人の心持日本の名随筆 別巻95 明治1999(平成11)年1月25日