『秋月種樹』の作品一覧

秋月 種樹(あきづき たねたつ)は、幕末・明治期の政治家。日向国高鍋藩の世嗣。貴族院議員、参与、明治天皇侍読。詩文に優れ、書家としても知られた。 9代高鍋藩主・秋月種任の三男として生まれる。安井息軒、塩谷宕陰らに師事する。若年より英明で知られ、小笠原明山、本多静山と並んで学問界の三公子と称された。文久2年(1862年)11月14日、部屋住みの身でありながら幕府学問所奉行に登用される。文久3年(1863年)6月26日、兄種殷の養子となる。同年9月28日、若年寄格との兼任を命じられた。秋月家は2万7000石の外様大名であり、異例の抜擢であった。元治元年(1864年)5月28日、学問所奉行を解任されて、将軍徳川家茂の侍読に任じられた。慶応3年(1867年)6月21日、若年寄に任ぜられるものの、12月25日に辞任した。 慶応4年(1868年)2月10日、上洛し、新政府支持の姿勢を示した。同年2月、新政府の参与に就任した。内国事務局に配属された。その後、公議所議長・左院少議官などを歴任した。明治5年(1872年)、海外遊学。明治7年(1874年)5月13日、養父種殷の死去により家督を相続した。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
南洲手抄言志録(02 南洲言志録手抄序)西郷南洲遺訓1939(昭和14)年2月2日
南洲手抄言志録(03 南洲手抄言志録)西郷南洲遺訓1939(昭和14)年2月2日