『尾上梅幸』の作品一覧

尾上 梅幸(おのえ ばいこう)は、歌舞伎役者の名跡。屋号は音羽屋。定紋は重ね扇に抱き柏、替紋は四ツ輪。 「梅幸」は初代尾上菊五郎の俳名に由来する。この初代と、二代目、五代目の菊五郎は、それぞれ「梅幸」を俳名としては使ったが、実際にこれを名跡として襲名することはなかった。 (初 代 尾上梅幸) 京・都万太夫座の芝居茶屋の出方・音羽屋半平の子、1717–1883。 初代尾上菊五郎(俳名:初代梅幸) (二代目 尾上梅幸) 初代の後妻の連子、1771–87。実父は二代目大谷廣次。 二代目尾上菊五郎(俳名:二代目梅幸) 三代目 尾上梅幸 初代の門弟・初代尾上松助の養子、1784–1849。実父は小伝馬町の建具屋・辰蔵。 尾上新三郎 → 初代尾上榮三郎 → 二代目尾上松助 → 三代目尾上梅幸 → 三代目尾上菊五郎 → 菊屋萬平 → 初代大川橋蔵 四代目 尾上梅幸 三代目の長女の婿養子、1808–60。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
薄どろどろ文豪怪談傑作選・特別篇 百物語怪談会2007(平成19)年7月10日