『桂三木助』の作品一覧

桂 三木助(かつら みきすけ)は落語の名跡。もと(初代と2代目)は大阪落語の名であったが、3代目以降は江戸に移る。なお、初代三木助は立川三木助(たちかわ みきすけ)であるが、便宜上、この項に含める。 初代 立川三木助(1844年 - 1916年5月16日)は、立川三木門下。後に初代桂文三、2代目桂文枝を経て、桂文左衛門を名乗る。江戸・東京の立川(たてかわ)一門とは関係ない。 2代目 桂三木助(1884年11月27日 - 1943年12月1日)は、2代目桂南光(後の桂仁左衛門)門下。桂手遊(おもちゃ)を経て、2代目三木助を襲名。以後、名跡は東京に移る。 3代目 桂三木助(1902年3月28日 - 1961年1月16日)は、6代目春風亭柳橋の総領弟子で大阪時代に2代目の預かり弟子でもあった。また、一説に2代目の隠し子ではないかと言われた。格調高い文芸路線で知られる。十八番は「芝浜」。 4代目 桂三木助(1957年3月29日 - 2001年1月3日)は、3代目三木助の実子。早い頃からテレビで売れる(二つ目名・柳家小きんとして)。2001年自殺。3代目の孫も東京の落語家である(桂三木男)。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
麺くひ日本の名随筆 別巻19 蕎麦1992(平成4)年9月25日