『喜多村緑郎』の作品一覧

初代 喜多村 緑郎(しょだい きたむら ろくろう、1871年9月7日(明治4年7月23日) - 1961年(昭和36年)5月16日)は、明治 - 昭和期の新派の女形俳優。 2016年9月、二代目市川月乃助が二代目喜多村緑郎を襲名予定。 生涯 東京市日本橋区橘町(現在の中央区日本橋浜町)の薬種問屋に生まれた。本名は六郎。 少年期、丁稚奉公に出され、帰って雑俳に凝り、その仲間と素人芝居をしていたが、1892年(明治25年)、「青柳捨三郎一座」で初舞台を踏み、そのときの兄役伊井蓉峰に勧められて「青柳一座」の北海道巡業に加わり、新派俳優への志を固めた。1893年から東京の芝居に加わった。『北村みどり』や『北村緑郎』を芸名とした。 1896年(明治29年)(25歳)、高田実、秋月桂太郎、小織桂一郎らと『成美団』を結成し、大阪の『角座』、『朝日座』などで新派の上演を続けた。壮士芝居と違う、写実的な芸風の一座であった。泉鏡花の原作を花房柳外が脚色した『瀧の白糸』は明治28年川上一座が駒形浅草座で初演し、翌年の暮れ、喜多村緑郎が白糸を演じて賞賛を博した。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
日本の名随筆 別巻10 芝居1991(平成3)年12月25日
「明治のおもかげ」序にかえて明治のおもかげ2000(平成12)年6月16日