『犬養健』の作品一覧

犬養 健(いぬかい たける、1896年(明治29年)7月28日 - 1960年(昭和35年)8月28日)は、日本の政治家、小説家。正三位勲一等。元首相犬養毅の三男にあたる。法務大臣(第2代・第3代)。 来歴・人物 学習院初等科、中等科、高等科を経て、東京帝国大学哲学科中退後白樺派の作家として活動した後政界に入った。1941年にはゾルゲ事件への関与容疑で拘引、警察当局の取り調べを受け起訴されるが無罪となる。 1952年、吉田茂首相の引き立てにより法務大臣に就任するが、造船疑獄における自由党幹事長佐藤栄作の収賄容疑での逮捕許諾請求を含めた強制捜査に対し、重要法案審議中を理由に指揮権を発動して逮捕の無期限延期と任意捜査に切り替えさせた。指揮権発動の翌日に法務大臣を辞任したが、この指揮権発動のために犬養は事実上政治生命を絶たれた(佐藤は政治資金規正法で在宅起訴されたが、国連恩赦で免訴となった)。 作家としていくつかの佳品もあるが、造船疑獄における指揮権発動のために日本ペンクラブ加入を断られている。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
亜剌比亜人エルアフイ現代日本文學大系 621973(昭和48)年4月24日
姉弟と新聞配達現代日本文學大系 621973(昭和48)年4月24日