『小倉金之助』の作品一覧

小倉 金之助(おぐら きんのすけ、1885年(明治18年)3月14日 - 1962年(昭和37年)10月21日)は、日本の数学者、数学史家、随筆家である。山形県酒田市生まれ。 1905年(明治38年)、東京物理学校(現・東京理科大学)を卒業。東京帝国大学理科大学(現・東京大学理学部)化学選科に入学するが、家業を継ぐために中退し、山形に戻る。林鶴一のもとで数学を学び、1911年(明治44年)東北帝国大学の助手となる。1916年(大正5年)に微分幾何の研究で理学博士の学位を取得。1917年(大正6年)から大阪医科大学(現・大阪大学医学部)塩見理化学研究所研究員。1919年(大正8年)から3年間渡欧し、1925年(大正14年)に塩見理化学研究所長、大阪医科大学の教授となった。1932年(昭和7年)には唯物論研究会の発起人の一人となる。1936年(昭和11年)に「自然科学者の任務」を発表、軍国主義に反対した。1937年(昭和12年)に塩見理化学研究所を辞し、著作活動に専念する。1940年(昭和15年)から1943年(昭和18年)まで東京物理学校理事長。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
三百年後エッセイの贈りもの11999(平成11)年3月5日
黒板は何処から来たのか世界教養全集 別巻1 日本随筆・随想集1962(昭和37)年11月20日