『辻潤』の作品一覧

辻 潤(つじ じゅん、1884年10月4日 - 1944年11月24日?)は、日本の翻訳家、思想家である。日本におけるダダイスムの中心的人物の一人とされる。画家、詩人の辻まことは長男である。 生涯 1884年(明治17年)、東京市浅草区向柳原町(現在の台東区浅草橋)に市の下級官吏の長男として生まれる。はじめ裕福だった家は彼が東京府開成中学に入学した12歳の頃には没落を始め、同中学を退学、給仕などをこなしつつ国民英学会の夜学に通い、1904年に東京市の小学校代用教員となる。この頃から幸徳秋水の「平民新聞」を購読し、やがて多くのアナキストとの親交をもつに至る。 1909年には上野高等女学校(現在の上野学園中学校・高等学校)の英語教師となるかたわらロンブローゾの著作を『天才論』と題して訳し始めるなどしたが、1912年、生徒であった伊藤野枝との恋愛問題で同校を退職させられ、以後定職に就くことはなかった。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
だだをこねる辻潤著作集2 癡人の独語1970(昭和45)年1月30日
惰眠洞妄語辻潤著作集2 癡人の独語1970(昭和45)年1月30日
風狂私語辻潤選集 玉川新明編1981(昭和56)年10月11日
浮浪漫語辻潤著作集3 浮浪漫語1970(昭和45)年3月30日
変なあたま(最近の心境を語る)辻潤著作集2 癡人の独語1970(昭和45)年1月30日
ふもれすく辻潤全集 第1巻1982(昭和57)年4月15日
自分だけの世界辻潤著作集3 浮浪漫語1970(昭和45)年3月30日
「享楽座」のぷろろぐ辻潤著作集2 癡人の独語1970(昭和45)年1月30日
錯覚自我説辻潤著作集2 癡人の独語1970(昭和45)年1月30日
錯覚した小宇宙辻潤著作集2 癡人の独語1970(昭和45)年1月30日
Tada-Dada of Alangri-Gloriban辻潤著作集3 浮浪漫語1970(昭和45)年3月30日
え゛りと・え゛りたす辻潤著作集1 絶望の書1969(昭和44)年11月30日
書斎日本の名随筆 別巻6 書斎1991(平成3)年8月25日
頸飾り辻潤全集 第八巻1982(昭和57)年10月30日
蒼馬を見たり(02 序)蒼馬を見たり2002(平成14)年11月25日