『嘉村礒多』の作品一覧

嘉村 礒多(かむら いそた 1897年(明治30年)12月15日 - 1933年(昭和8年)11月30日)は、日本の私小説家。山口県吉敷郡仁保村(現在は山口市仁保)出身。 生涯 1897年(明治30年)12月15日、父・若松、母・スキとの間に生まれる。実家は農業を営む、裕福な地主であった。 旧制山口中学に入学後、徐々に人との交流を望まない性格になり、1914年(大正3年)、無断欠席が重なり4年生で退学。その後は実家に戻り、家業の農業を手伝うようになる。強い心の支えを求めていた嘉村は、帰農後にキリスト教に接近するが、信者となるには至らなかった。しかし彼の心は常に頼れるものを追い求め、その後、浄土真宗本願寺派僧侶の桃林皆遵の影響で、熱心な浄土真宗信者となり、桃林を通じて、真宗大谷派僧侶の近角常観を知る。1915年(大正4年)、綱島梁川に傾倒、私淑するようになる。 同年、結婚をめぐって両親と対立。人間不信と離人癖が高じ、近隣より「嘉村の神経病」と噂される程となる。 1918年(大正7年)、藤本静子と結婚。静子に前夫が居た等、品行が悪いとの噂を聞き、結婚を渋るが、家の体面を守るため式を挙げる。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
業苦日本文學全集 34 梶井基次郎 嘉村礒多 中島敦集1962(昭和37)年4月20日
崖の下日本文學全集 34 梶井基次郎 嘉村礒多 中島敦集1962(昭和37)年4月20日
足相撲日本文學全集 34 梶井基次郎 嘉村礒多 中島敦集1962(昭和37)年4月20日
滑川畔にて現代日本紀行文学全集 東日本編1976(昭和51)年8月1日
途上現代日本文學大系 491973(昭和48)年2月5日