『関根金次郎』の作品一覧

関根 金次郎(せきね きんじろう、1868年4月23日(慶応4年4月1日) - 1946年(昭和21年)3月12日)は、明治から昭和初期の将棋棋士、十三世名人。本来の表記は關根金次郞。将棋連盟や実力名人制を創始した事から近代将棋の父と称される。 下総国葛飾郡東宝珠花村(後の千葉県東葛飾郡二川村東宝珠花、さらに関宿町、現在の千葉県野田市東宝珠花)の生れ。 生涯 東宝珠花村の近くにあった岡田村の寺子屋に通わせられるが、途中、将棋を指してばかりのため、やめさせられてしまう。次に学校に通わされると、学校では将棋好きの校長先生と指し、村では老人らと指し、一日ごとに強くなる実感を得る。ついには、あまりの強さに村中で相手がいなくなり、宝珠花小僧の異名で呼ばれるようになった。学校に行くふりをして弁当持参で遠くの村にも遠征した。その後、親によって学校に行くのをやめさせられ、奉公に出されるも、将棋を指してばかりで1週間 - 10日ほどで追い出され、奉公先を転々とする。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
駒台の発案者日本の名随筆 別巻8 将棋1991(平成3)年10月25日
本因坊と私日本の名随筆 別巻11 囲碁Ⅱ1992(平成4)年1月25日
手数将棋日本の名随筆 別巻8 将棋1991(平成3)年10月25日