『山形浩生』の作品一覧

山形 浩生(やまがた ひろお、1964年3月13日 - )は、日本の評論家、翻訳家。野村総合研究所研究員。 東京都出身。小学校1年生の秋から約1年半、父親の海外勤務でアメリカに居住する。麻布中学校・高等学校卒業後、東京大学理科I類入学。東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻を経て、野村総合研究所研究員となる。1993年からマサチューセッツ工科大学に留学し、同大学の不動産センター修士課程を修了する。1998年、プロジェクト杉田玄白を創設する。 野村総合研究所で開発コンサルタントとして勤務する傍ら評論活動を行っている。また先鋭的なSFや、前衛文学、経済書や環境問題に関する本の翻訳を多数手がけている。 2014年ヴェネチア建築ビエンナーレ日本館のエグゼキュティブアドバイザー。 母は翻訳家の山形叶子。 中学時代、SFや漫画に興味があり、予備校の合間に秋葉原へ行くなど、パソコン少年でもあった。橋本治、岸田秀を愛読し、大きな影響を受ける。 東大在籍時、SF研究会で活動。柳下毅一郎と共に、バロウズの詳細なファンジンである『バロウズ本』を制作。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
伽藍とバザール
ノウアスフィアの開墾