『葉山嘉樹』の作品一覧

葉山 嘉樹(はやま よしき、1894年(明治27年)3月12日 - 1945年(昭和20年)10月18日)は日本のプロレタリア文学の作家である。福岡県京都郡豊津村(現・みやこ町)出身。 生涯 士族の家庭に生まれる。旧制豊津中学(現福岡県立育徳館高等学校)から1913年に早稲田大学高等予科に進学するも、学費未納により除籍。その後、船員としてカルカッタ航路や室蘭-横浜航路の貨物船に乗船した。このときの経験が後年の作品の素材となっている。1920年(大正10年)、名古屋のセメント工場(1918年(大正7年)設立の名古屋セメント。同社は1922年(大正11年)に豊国セメントに合併される。)に勤務、そこでの労働事故をきっかけに労働組合を作ろうとするが失敗し、解雇される。その後名古屋労働者協会に加入、各種労働争議を指導した。 1923年(大正12年)、「名古屋共産党事件」で検挙、名古屋刑務所に未決囚として投獄され、獄中で「淫売婦」「難破」(のちに「海に生くる人々」と改題)を執筆。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
セメント樽の中の手紙全集・現代文学の発見・第一巻 最初の衝撃1968(昭和43)年9月10日
氷雨筑摩現代文学大系 36 葉山嘉樹集1979(昭和54)年2月25日
淫売婦全集・現代文学の発見・第一巻 最初の衝撃1968(昭和43)年9月10日
工場の窓より筑摩現代文学大系 36 葉山嘉樹集1979(昭和54)年2月25日
万福追想筑摩現代文学大系 36 葉山嘉樹集1979(昭和54)年2月25日
海に生くる人々海に生くる人々1950(昭和25)年8月10日、1971(昭和46)年11月16日第12刷改版
運動会の風景日本の名随筆19 秋1984(昭和59)年5月25日
井戸の底に埃の溜つた話日本の名随筆33 水1985(昭和60)年7月25日
遺言文学日本の名随筆 別巻17 遺言1992(平成4)年7月25日
浚渫船日本プロレタリア文学集・8 葉山嘉樹集1984(昭和59)年8月25日
乳色の靄日本プロレタリア文学集・8 葉山嘉樹集1984(昭和59)年8月25日
生爪を剥ぐ日本プロレタリア文学集・8 葉山嘉樹集1984(昭和59)年8月25日
労働者の居ない船日本プロレタリア文学集・8 葉山嘉樹集1984(昭和59)年8月25日
坑夫の子日本プロレタリア文学集・8 葉山嘉樹集1984(昭和59)年8月25日
死屍を食う男ひとりで夜読むな1977(昭和52)年10月15日
牢獄の半日葉山嘉樹 短編小説選集1997(平成9)年4月15日