『淡島寒月』の作品一覧

淡島 寒月(あわしま かんげつ、本名: 淡島 寶受郎(とみお)、安政6年10月23日(1859年11月17日) - 1926年(大正15年)2月23日)は、明治時代の日本の作家、画家、古物収集家。父親は画家の淡島椿岳。長女は教育者・政治家の木内キヤウ(日本初の女性の公立学校校長となり第1回参議院議員選挙で参議院議員ともなった)。伯父は幕末の大富豪の伊藤八兵衛。 広範な知識を持った趣味人であり、元禄の作家井原西鶴を再評価し、幸田露伴や尾崎紅葉など文壇に紹介したエピソードで有名である。 収集家としても有名であり、住居の梵雲庵には3000あまりの玩具と江戸文化の貴重な資料があったが、関東大震災の際に全て焼失した。 日本橋馬喰町4丁目に生まれる。淡島家の家業は軽焼きの名店淡島屋であり、非常に裕福であった。父親の椿岳には160人の愛妾がいたという。 1870年、福澤諭吉を読んで西洋文化に興味を持つようになり、英語を勉強し洋間に住んだ。頭髪に灰汁をかけて染髪までしていた。寒月は西洋文明への憧れのあまり、アメリカに帰化しようと願う。
出典:Wikipedia
作品底本初版発行日
江戸か東京か梵雲庵雑話1999(平成11)年8月18日
明治十年前後梵雲庵雑話1999(平成11)年8月18日
銀座は昔からハイカラな所梵雲庵雑話1999(平成11)年8月18日
寺内の奇人団梵雲庵雑話1999(平成11)年8月18日
亡び行く江戸趣味梵雲庵雑話1999(平成11)年8月18日
江戸の玩具梵雲庵雑話1999(平成11)年8月18日
土俗玩具の話梵雲庵雑話1999(平成11)年8月18日
活動写真梵雲庵雑話1999(平成11)年8月18日
梵雲庵漫録梵雲庵雑話1999(平成11)年8月18日
諸国の玩具(――浅草奥山の草分――)梵雲庵雑話1999(平成11)年8月18日
我が宗教観梵雲庵雑話1999(平成11)年8月18日
凧の話梵雲庵雑話1999(平成11)年8月18日